気に入った商品、本、音楽、Artなどを、紹介がてら綴っていきます。 本やCDを中心としたセレクトショップのようになればいいと思っています。   まずは目次からどうぞ!! ※オリジナル商品販売中。
HOME
まずは目次をご覧になってください!!
⇒ノルン3姉妹のお気に入りブログ.Neo 目次トップ

ノルン_ミニ
オリジナルグッズ販売開始です!!
⇒グッズ系の目次
⇒書籍系の目次
⇒音楽・オペラ・ミュージカル系の目次
⇒芸術系の目次


ヴィジュアルに分かる本棚を作りました!
⇒ノルン3姉妹のお気に入りを陳列する棚


--/--/-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS]


2007/08/09 Thu
音楽の「旧約聖書」と言われる作品です。

「平均律」とは音の幅を等間隔に区切った音律、いわゆる音階のことで、またその調律方法を指す事もあります。
日本では「平均律」と言われるこの作品ですが、バッハ自身による原題は「Das wohltemperierte Clavier」(本当はもっと長いので追記に記載します)で、wohltemperierteは英語でWell-Tempered(ウェル・テンペラメント)という古典調律のことです。このWell-Temperedがこの曲集の一般的なタイトルにもなっています。
現在で言う「平均律」とは厳密には別のものです。

この曲集は、12平均律の長短24調にそれぞれ前奏曲とフーガを1組として付けたものが、さらにそれぞれ第1巻、第2巻と二つあります。
大きな目的は鍵盤楽器の練習のためであり、全て3声から5声です。
バッハ以降のほぼ全ての作曲家・演奏家は、必ずこの曲を経験して音楽を学んでいると言われる作品です。

練習のため、とはいえ、バッハは単に技巧的な曲は作りませんでした。練習のためにも最も必要なものは音楽性と考えていたのです。

ですから、この曲集も非常に美しい曲集です。
全曲の最初を飾る、BWV846ハ長調の前奏曲は、ほぼそのままシャルル・グノーの「アヴェ・マリア」の伴奏に使われています。
私は全曲の中でも特に、最初のこの1曲が大好きです。
シンプルなメロディが繰り返され繰り返され、天国で流れるBGMのようなとても心地良くなる曲です。


さて、お奨めのCDは、
ピアノなら間違いなく、スヴャトスラフ・リヒテル(Sviatoslav Teofilovich Richter)です。
リヒテルについては、シューマンのピアノ・ソナタでも紹介しているので参照してください。
⇒シューマン 「ピアノソナタ第2番」の記事を見る。
試聴可能なCDも紹介しておきます。

バッハの時代には、まだピアノは使われていませんでした。
バッハの時代のクラーヴィア(鍵盤楽器)といえば、クラヴィコードかチェンバロです。
バッハの時代の音色を聴くには、チェンバロのCDでどうぞ。
チェンバロのCDも紹介しておきます。

その他の薀蓄やチェンバロについての内容などは、追記で記載します。
記事下部の【続きを読む】をクリックしてください。

ヴィジュアルに分かる本棚を作りました!
⇒ノルン3姉妹のお気に入りを陳列する棚


⇒ノルン3姉妹のお気に入りブログ.Neo 目次Topへ戻る

リヒテルによるバッハ。巨人による巨人の演奏。
日本盤
試聴は全曲こちらの輸入盤で可能です。

バッハの時代の音色、チェンバロによる演奏
第1巻
第2巻

楽譜はこちらです。
第1巻
第2巻
[「平均律クラーヴィア曲集 全巻」 J.S.バッハ]の 【続きを読む】
スポンサーサイト

[RSS]


2007/08/08 Wed
アメリカの原爆投下はしょうがなかったのか??

1945年8月6日に広島に原爆が投下、その3日後、8月9日に長崎に原爆が投下されました。
今年もこの時期を迎えて、今、各テレビ局で原爆特集などをやっていますね。

8月6日の報道ステーションにて、映画「ヒロシマナガサキ」の紹介と共に、アメリカの歴史教科書の原爆についての記述が放送されていました。
そこでは、このように書かれています。

「原爆を投下することで、戦争を早期に終結させ、本土決戦になった場合に予想されるアメリカ兵の死者数50万人の命を救った。」

「アメリカ兵50万人の命を救うため」に、また、「戦争の早期終結」のために、原爆の投下はやむを得なかった、というのは、最も一般的な原爆投下の正当化の理由となっているものだと思います。
実際にアメリカの歴史教科書に書かれている通り、多くのアメリカ人にはこの理論が教育として刷り込まれているようです。

しかし、
本土決戦の必要性も無かったし、50万人という数字も大嘘です!!
戦争を長引かせた一因は、トルーマン個人の「無条件降伏」へのこだわりがあります!!

本書では、まず、軍事的に原爆が全く不必要であったことを証明します。

マッカッサーの本土決戦に関する報告、参謀長レーヒ提督の手記などから、
軍事的には、日本本土への空襲を続けるのみでよく、本土決戦は不必要と考えられていたこと、
また、仮に本土決戦を行った場合の死者数は4万人程度の予想だったことが分かります。

マッカーサー将軍、アイゼンハワー将軍、レーヒ提督といった軍の実務担当者達は揃って原爆の使用に反対していました。
彼らは、毒ガスが非人道的な武器であり、もし民間人に使用すれば国際的な非難を受けることを良く知っています。原子爆弾は、放射能を撒き散らす、毒ガス以上に非人道的な武器で、彼らにとっては絶対に使用が許されるようなものではなく、仮に使用した場合にアメリカ軍が受ける非難を恐れていました。

さらに、6月の沖縄戦の時点で、日本では戦争終結を目指していましたし、レーヒ提督を初めとするアメリカの内部からも、天皇制を維持を条件とした降伏を受け入れて戦争を終結させよう、という意見が挙がっていました。
国際的にも、まさに戦争を早期に終結させるために、天皇制維持を条件とすれば日本は降伏するというのが明白になっていました。

しかし、トルーマンはこれらの声を押し切って断固「無条件降伏」にこだわり続けました。

そして、原爆が完成するまでわざわざポツダム会談を延期、「無条件降伏」を要求することでかえって戦争を長引かせているのです。

「50万人の兵士の命を救う」「戦争の早期終結」という原爆使用の目的は、大嘘であることが分かります。

また、そもそも、本当にその目的のために使用するとしても、兵士の命を救うために、ほぼ同数にも及ぶ婦人・子供までを含む民間人を殺すことが正当化できるでしょうか?
それが、戦争が終結した後でも被害者を延々と出し続ける放射能を撒き散らすようなものであれば、尚更正当化できるわけがありません。
(当時は、原爆を落とされた地域は、放射能のために72年間は立ち入り出来ないと言われており、調査員の立ち入りも制限されました。アメリカはそのような影響を自分達で算出していて使用しているのです!!)

兵士の命を救うために、また、戦争の早期終結のために、核爆弾の使用が許されてしまうなら、どんな戦争においても核爆弾の使用は正当化されてしまうではないですか!!!
それが正当化されないことは、その後の多くの戦争にて核爆弾が使用されていないことでも明らかです。

(もっとも、あまりに「兵士の命を守るために原爆を使用した」という正当化を刷り込まれているために、いざとなれば相手に核を打ち込め、と言い出すアメリカ人もいるようなのですが。)

原爆を開発した科学者達からも、原爆を実戦では使用しないようにとの請願書が出されています。
彼らは、公開実験などにより原爆の威力を示すことで、威嚇としてのみ使用すれば良いと考えていました。
まして、原爆が広島や長崎といった人口の多い都市に落とされることは考えていませんでした。
アインシュタインを初め多くの科学者が戦後原爆の開発に携わったことを間違いだったと後悔していますが、トルーマンはそのような科学者達を毛嫌いしました。


では、なぜ、トルーマンは原爆を投下したのか?

この本ではその原因を大きく3つ挙げています。

1、戦後の対ソ連・対スターリン戦略
  アジアにおけるソ連の権力拡大を防ぐため、当時アメリカしか持っていない原爆の威力をソ連に見せ付けることで、戦後処理をアメリカ優位に進めようとした。

2、トルーマンの男らしさの演出
  男らしい父・叔父などを誇りとしていながら、子供の頃から「意気地なし」と言われて「男らしさ」がコンプレックスになっていたというトルーマンの基本性格の上に、
  大統領になったときも、ルーズベルトという偉大な大統領の突然の死によりたまたま大統領になってしまったことで頼りないと思われており、それだけに強さをアピールしようと必死だった。

3、トルーマンの人種差別意識
  トルーマンが南部の出身で奴隷がいる家族であったこと、非公式の場ではジャーナリストなどに対しても平気で「ニガー」という言葉を使用していたこと、同様に有色人種である日本人にも差別意識があった。
  また、当時の風潮では、トルーマンに限らず、アメリカ全体に中国人・日本人を初めとする差別の風潮があった。
  (同じ状況がドイツであれば、原爆は落とされなかったはず。またドイツはヒトラー個人やナチスという特定団体が標的とされるが、日本の場合は日本人そのものが敵・野蛮人とされていた。)


さて、久間元防衛大臣の「原爆はしょうがない」発言ですが・・・これについて個人的な意見を一言。

私はニュースで一応発言全体を聞きました。
発言全体の趣旨としては、
「戦争という状況下だったために原爆が落とされたのであり、原爆によって戦争が早期に解決した部分もある。今後は戦争そのものが起きないようにしていくべきだ」
ということを述べており、「しょうがない」も「戦争という状況下であった」ということと、「過ぎたことはどうしようもないので、未来を考えていこう」というようなことを言おうとしていたと理解しています。
そのような内容自体は、必ずしも悪くなかったと思います。

それでもはやり「原爆はしょうがない」は不適切な語彙の選択です。
なぜならば、例えば「アウシュヴィッツはしょうがない」「南京大虐殺はしょうがない」などと言うでしょうか?
久間さんの「戦争という状況下であった」ということと、「過ぎたことはどうしようもないので、未来を考えていこう」という文脈に従えば、同様のことはアウシュヴィッツや南京大虐殺にも当てはまりますが、それでも「アウシュヴィッツはしょうがない」と言ってしまえば間違いなく非難を受けるでしょう。
原爆はアウシュヴィッツなどと並ぶ民間人の大虐殺行為です!!
はやり「しょうがない」と受け入れるような言葉使いをしてはいけないのです!!

久間さんの発言は自体は文脈的には悪くなかったと思っているのですが、その後久間さんが最後まで「私の発言は悪くないが、周囲が理解しない。」という態度を貫き、自分の言葉の選択を反省しなかったのは非常に腹立たしいです。やっぱりちょっと問題あるなぁ、と思っています。
上記のように、「ならあなたはアウシュヴィッツはしょうがない、と言いますか?」と聞いてみたいですね。


私は、広島にも長崎にもアウシュヴィッツ=ヴィルケナウ収容所(ポーランドではオシフィエンチム)にも行きました。
これらは世界の全ての人が一度足を運んでおくべきではないかと思っています。
それが同様のことを繰り返さないための最大の抑止力になると思うからです。

ヒロシマ・ナガサキこそ、その後の核爆弾の使用を防いでいる世界最大の核への抑止力であると思います。
北朝鮮・イラン・イスラエルなど公然と核開発を進める国がある中、改めてそれらの国の人たちにヒロシマ・ナガサキを訴えていく必要があると思います。


この本は、かなりの部分が多くの資料からの引用で構成されており、よくある「原爆投下の真相」といった本の中でも信用のおけるドキュメント本といえます。(その一方、構成が分かりにくく、大きなテーマごとに章分けはされているものの、もっと主張・要点を明確にしてから資料を並べるなりすれば分かり易かったと思います。わざと論旨をぼかしているのかもしれませんが・・・。)

原爆記念日、8月15日の終戦記念日を迎え、今一度戦争をより良く理解するために、是非、ご一読をお奨め致します!




↓原爆を投下した飛行士の本が邦訳されています。
こういう意見を言う人もいるのだ、という事実を知るのも必要だと思います。



ヴィジュアルに分かる本棚を作りました!
⇒ノルン3姉妹のお気に入りを陳列する棚


⇒ノルン3姉妹のお気に入りブログ.Neo 目次Topへ戻る

   

[RSS]


2007/08/07 Tue
2007/8/9 update! 
ノルンのオリジナルグッズ販売中!!

全記事を一覧化して、テーマももうちょっと細かく分類してみました。
ハイパーリンクでその記事に移動できるようにしてあり、便利です。
(これまでこの1ページに全記事を載せていましたが、
記事数が増えすぎたので、テーマの小分類と記事を一覧化したページは、
下記の大分類ごとに1ページへと分割致しました。)

書籍系:主にお奨め小説・歴史・実用書・学術書・経営書などの書籍の紹介が中心。
 ⇒目次(記事一覧)_書籍系のページへ移動

音楽・オペラ・ミュージカル系:主にお奨め音楽CD(クラシック、民族音楽、洋楽、JPOPなど)の紹介が中心。
  (オペラ、ミュージカル等舞台作品は劇のあらすじ・演出や原作なども紹介していきます。)
 ⇒目次(記事一覧)_音楽・オペラ・ミュージカル系のページへ移動

芸術系:主にお奨め画集や、芸術鑑賞の解説書・参考書の紹介が中心。
 ⇒目次(記事一覧)_芸術系のページへ移動

グッズ系2007/3/9ノルンのオリジナルグッズ販売開始!!
 その他一般の商品でもお奨めを紹介しています。
 ⇒目次(記事一覧)_グッズ系のページへ移動

雑記系:雑記です。(ほとんど書かないつもりなので、ある意味レア?)
 ⇒目次(記事一覧)_雑記系のページへ移動


このページは、目次のトップページとしたいと思います。
随時、更新していきます!

目次(記事一覧)は、ご覧になる方にとっても便利だと思うのですが、
より見やすく使いやすくするために、いろいろと試行錯誤中なので、
ご意見あれば、コメント等でご提案を頂けると嬉しいです。


ヴィジュアルに分かる本棚を作りました!
⇒ノルン3姉妹のお気に入りを陳列する棚

[★【目次Top】記事一覧 8/9 update!]の 【続きを読む】

[RSS]


2007/07/28 Sat
「速さ」という点で、ピアニストの技が問われる曲です。

のだめオーケストラにて、のだめがコンクールで使用した曲として有名になりました。「なんでそうなるシューマン」の曲です。

なんといっても「出来る限り速く」と指定された第一楽章の速さが注目の曲です。

その第一楽章を本当に速く・美しく弾けている録音が、このスヴャトスラフ・リヒテル(Sviatoslav Teofilovich Richter)「リヒテル・イン・イタリー」でしょう。
私は、何枚かのCDを聴き比べてみたのですが、このリヒテルのCDが一番速かったと思います。
さすが、20世紀最大のピアニストとも言われるリヒテルです。
のだめが弾いたシューマンのピアノソナタ第2番を聴くなら、このCDが決定盤です。

詳細や収録曲は追記に記載します。
記事下部の【続きを読む】をクリックしてください。



試聴可能なCDとしてはこちらをお奨めしておきます。
これとリヒテルの演奏とを聴き比べると、リヒテルの速さと凄さがよくわかると思います。(ピアノソナタ2番は、試聴部分の7、8、9番目です。)


↓シューマンのピアノソナタ第1番、第2番の楽譜はこちらです。


リヒテルによるバッハの平均律も紹介しています。
巨人による巨人の演奏を是非聴いてください。
⇒リヒテル演奏「平均律クラーヴィア曲集 全巻」J.S.バッハ

ヴィジュアルに分かる本棚を作りました!
⇒ノルン3姉妹のお気に入りを陳列する棚


⇒ノルン3姉妹のお気に入りブログ.Neo 目次Topへ戻る
[「ピアノソナタ第2番 op.22」 ロベルト・シューマン]の 【続きを読む】

[RSS]


2007/07/23 Mon

ビール好きの方に超お奨めの一枚です。

サッポロ・ヱビスビールのCMの曲、映画「第三の男」のハリー・ライムのテーマや、ビアソングの代表、シャウエッセンのCMで使われていた、「飲もう、兄弟達よ(トリンク・トリンク)」が収録されています。

聴いていると、ビールが飲みたくなる。飲みながら聴くとビールが旨くなって良い気分で酔える。
そんな一枚です。

このCDは、アントン・カラスによるツィターの演奏です。
ツィターという楽器を知っていますか?

詳細や、収録曲目は追記に記載します。
記事下部の【続きを読む】をクリックしてください。




ヴィジュアルに分かる本棚を作りました!
⇒ノルン3姉妹のお気に入りを陳列する棚


⇒ノルン3姉妹のお気に入りブログ.Neo 目次Topへ戻る
[「第三の男 ツィターの世界」 アントン・カラス]の 【続きを読む】

[RSS]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。