音楽_クラシック

音楽_クラシック に関する記事です。
HOME≫カテゴリー:音楽_クラシック

--/--/-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS]


2007/08/09 Thu
音楽の「旧約聖書」と言われる作品です。

「平均律」とは音の幅を等間隔に区切った音律、いわゆる音階のことで、またその調律方法を指す事もあります。
日本では「平均律」と言われるこの作品ですが、バッハ自身による原題は「Das wohltemperierte Clavier」(本当はもっと長いので追記に記載します)で、wohltemperierteは英語でWell-Tempered(ウェル・テンペラメント)という古典調律のことです。このWell-Temperedがこの曲集の一般的なタイトルにもなっています。
現在で言う「平均律」とは厳密には別のものです。

この曲集は、12平均律の長短24調にそれぞれ前奏曲とフーガを1組として付けたものが、さらにそれぞれ第1巻、第2巻と二つあります。
大きな目的は鍵盤楽器の練習のためであり、全て3声から5声です。
バッハ以降のほぼ全ての作曲家・演奏家は、必ずこの曲を経験して音楽を学んでいると言われる作品です。

練習のため、とはいえ、バッハは単に技巧的な曲は作りませんでした。練習のためにも最も必要なものは音楽性と考えていたのです。

ですから、この曲集も非常に美しい曲集です。
全曲の最初を飾る、BWV846ハ長調の前奏曲は、ほぼそのままシャルル・グノーの「アヴェ・マリア」の伴奏に使われています。
私は全曲の中でも特に、最初のこの1曲が大好きです。
シンプルなメロディが繰り返され繰り返され、天国で流れるBGMのようなとても心地良くなる曲です。


さて、お奨めのCDは、
ピアノなら間違いなく、スヴャトスラフ・リヒテル(Sviatoslav Teofilovich Richter)です。
リヒテルについては、シューマンのピアノ・ソナタでも紹介しているので参照してください。
⇒シューマン 「ピアノソナタ第2番」の記事を見る。
試聴可能なCDも紹介しておきます。

バッハの時代には、まだピアノは使われていませんでした。
バッハの時代のクラーヴィア(鍵盤楽器)といえば、クラヴィコードかチェンバロです。
バッハの時代の音色を聴くには、チェンバロのCDでどうぞ。
チェンバロのCDも紹介しておきます。

その他の薀蓄やチェンバロについての内容などは、追記で記載します。
記事下部の【続きを読む】をクリックしてください。

ヴィジュアルに分かる本棚を作りました!
⇒ノルン3姉妹のお気に入りを陳列する棚


⇒ノルン3姉妹のお気に入りブログ.Neo 目次Topへ戻る

リヒテルによるバッハ。巨人による巨人の演奏。
日本盤
試聴は全曲こちらの輸入盤で可能です。

バッハの時代の音色、チェンバロによる演奏
第1巻
第2巻

楽譜はこちらです。
第1巻
第2巻
[「平均律クラーヴィア曲集 全巻」 J.S.バッハ]の 【続きを読む】
スポンサーサイト

[RSS]


2007/07/28 Sat
「速さ」という点で、ピアニストの技が問われる曲です。

のだめオーケストラにて、のだめがコンクールで使用した曲として有名になりました。「なんでそうなるシューマン」の曲です。

なんといっても「出来る限り速く」と指定された第一楽章の速さが注目の曲です。

その第一楽章を本当に速く・美しく弾けている録音が、このスヴャトスラフ・リヒテル(Sviatoslav Teofilovich Richter)「リヒテル・イン・イタリー」でしょう。
私は、何枚かのCDを聴き比べてみたのですが、このリヒテルのCDが一番速かったと思います。
さすが、20世紀最大のピアニストとも言われるリヒテルです。
のだめが弾いたシューマンのピアノソナタ第2番を聴くなら、このCDが決定盤です。

詳細や収録曲は追記に記載します。
記事下部の【続きを読む】をクリックしてください。



試聴可能なCDとしてはこちらをお奨めしておきます。
これとリヒテルの演奏とを聴き比べると、リヒテルの速さと凄さがよくわかると思います。(ピアノソナタ2番は、試聴部分の7、8、9番目です。)


↓シューマンのピアノソナタ第1番、第2番の楽譜はこちらです。


リヒテルによるバッハの平均律も紹介しています。
巨人による巨人の演奏を是非聴いてください。
⇒リヒテル演奏「平均律クラーヴィア曲集 全巻」J.S.バッハ

ヴィジュアルに分かる本棚を作りました!
⇒ノルン3姉妹のお気に入りを陳列する棚


⇒ノルン3姉妹のお気に入りブログ.Neo 目次Topへ戻る
[「ピアノソナタ第2番 op.22」 ロベルト・シューマン]の 【続きを読む】

[RSS]


2007/07/06 Fri

甘く切なく美しいギターの名曲集です。

中でも特に代表的なのは、
フランシスコ・タルレガの"アルハンブラの思い出"や、
映画「禁じられた遊び」のテーマスペイン民謡の"愛のロマンス"でしょう。
どちらも本当に涙が出てくる曲です。

そしてギターといえば、ナルシソ・イエペスでしょう。
彼は映画「禁じられた遊び」でも、音楽を担当しています。

このCDは全曲ナルシソ・イエペスの演奏。しかも、上記2曲だけでなく、
ギター曲の多いホアキン・ロドリーゴなどの曲も多く収録されています。
次の記事は同じくナルシソ・イエペス演奏のホアキン・ロドリーゴ作曲、ギターの定番「アランフェス協奏曲」を紹介します!

絶対買って損はありません!

⇒ホアキン・ロドリーゴ作曲、ナルシソ・イエペス演奏の、「決定盤!アランフェス協奏曲」の記事はこちら。

ヴィジュアルに分かる本棚を作りました!
⇒ノルン3姉妹のお気に入りを陳列する棚


⇒ノルン3姉妹のお気に入りブログ Neo 目次Topへ戻る


イエペス(ナルシソ), イエペス, タルレガ, ダウランド, ロルダン, バッハ, グラナドス
ギター名曲集



1. 禁じられた遊び(ロマンス)(イエペス編)
2. アルハンブラの想い出(タルレガ)
3. デンマーク王のガリアルド(ダウランド)
4. 月の光(ロルダン)
5. ロンド風ガヴォット(バッハ)
6. スペイン舞曲第4番「ビリャネスカ」(グラナドス/イエペス編)
7. マラゲーニャ(アルベニス)
8. ゆりかご(タルレガ)
9. ヘレスの地で(ロドリーゴ)
10. オリーヴの木立を縫って(ロドリーゴ)
11. アストゥリアス~伝説(アルベニス/セゴビア編)
12. 入り江のざわめき(アルベニス/イエペス編)
13. パバーナ(タルレガ)
14. ソナタ イ長調K.322(D.スカルラッティ/イエペス編)
15. スペイン舞曲第5番「アンダルーサ」(グラナドス/イエペス編)
16. 商人の娘(カタロニア民謡/リョベート編)
17. 粉屋の踊り(ファリャ)
18. 「魔笛」の主題による変奏曲op.9(ソル) ※〈エンハンストCD〉



[「ギター名曲集」 ナルシソ・イエペス]の 【続きを読む】

[RSS]


2007/07/04 Wed

ディアベリ変奏曲は、不思議な逸話のある曲です。

私の好きなウラディーミル・アシュケナージのピアノ演奏で、日本先行発売です!!
アシュケナージは、ベートーベンのピアノ曲を生涯かけて録音している方です。
最近は指揮者としても活躍、日本の2005年の大河ドラマ「義経」の音楽も担当しています。

内容の詳細は記事下部の【続きを読む】をクリックして下さい。



試聴はこちら↓
マウリツィオ・ポリーニの演奏です。

楽譜はこちら↓


このブログの中でも、過去にアシュケナージの演奏によるベートーヴェンの3大ピアノソナタ×3を紹介しています。
⇒「ピアノソナタ14番23番8番」ベートーヴェンの記事を見る。
⇒「ピアノソナタ21番 17番 26番」ベートーヴェンの記事を見る
⇒「ピアノソナタ30番 31番 32番」ベートーヴェンの記事を見る


ヴィジュアルに分かる本棚を作りました!
⇒ノルン3姉妹のお気に入りを陳列する棚


⇒ノルン3姉妹のお気に入りブログ 目次Topへ戻る

[ディアベリ変奏曲 ベートーヴェン]の 【続きを読む】

[RSS]


2007/06/18 Mon

※2007/6/18 情報提供を頂いたので更新します!!「This Night 海を見た日から」の歌詞についてです。

何の気なしに、ベートーヴェン3大ピアノソナタのCDを、
3回に渡って紹介してみようと思います。
でも、3大ピアノソナタを、各1曲ずつの3回ではありません。
今回は第1回です。
⇒第2回の記事「ピアノソナタ21番 17番 26番」ベートーヴェンの記事を見る
⇒第3回の記事「ピアノソナタ30番 31番 32番」ベートーヴェンの記事を見る


さて、
3大ピアノソナタ。
って、何でしょう?


正解は、
決まってない


どうも、レコード会社が、レコードに纏めるときに、
適当に3曲ピックアップして、
アピールするために、「3大ソナタ」と名前を付けているのが、
一般的になったようです。

そもそも、それまでの作曲家と違って、ベートヴェンは、
貴族のために曲を作って稼いでいたわけではなく、
純粋に名曲にするためだけに全身全霊をかけていたので、
ある意味どの曲も素晴らしすぎて、3大なんて選べないのです。


そこで、私の持っている、3枚の3大ソナタのCDを紹介したいと思います。
合計9曲です。どれも良いです。


初回に選んだのは、この3大ソナタ

ピアノソナタ第14番「月光」
ピアノソナタ第23番「熱情」
ピアノソナタ第8番「悲愴」

私的には、3大ソナタといえば、これ、なのですが、
皆様は如何でしょうか?
全て印象的な表題が付いていることもあって、
最もポピュラーではないかと思います。
といっても、ベートーヴェン自身が表題を付けたのは悲愴だけなのですが
レコード会社としては売りやすい組み合わせとも言えるでしょう。


ベートーヴェンは不思議な作曲家だと思います。
上手く言えないのですが、ベートーヴェンのメロディ・リズムは何か違う。
古典派とロマン派の両方を併せ持つ作曲家だからかもしれませんが、
単にそういうことではなくて。

ベートーヴェンのそんな不思議さを感じるのに一番良いのが、
このピアノソナタのような気がします。
交響曲より、ピアノ独奏のシンプルさの方が、
ベートーヴェンの曲の他の作曲家とは違う美しさと深さを感じ易いのではないでしょうか。


「月光」は、突然早いテンポで一気に盛り上がる第3楽章が好きです。

「熱情」は、とにかく名曲です。
印象的な出だしから静かな第2楽章を経て第3楽章のクライマックスと、構成も抜群です。

「悲愴」は、また特別に個人的に好きな曲でもあります。

その前に、悲愴というタイトルですが、これは訳語のイメージがやや間違っています。
原題はフランス語のpathetiqueでこれは「強い情動」であって必ずしも悲しみではありません。
それを特に印象的に感じるのが第2楽章の中の美しいメロディです。

実は、中学時代の音楽の教科書に「This Night」という曲が載っており、
この曲の後半が、この悲愴の第2楽章のメロディなのです。
この「This Night」は中学生の合唱に使われていて、
特に後半部分の合唱は本当に美しく、とても強く心に残りました。
決して「悲しみ」ではなく、寧ろもうちょっとポジティヴな感情を感じます
かといって「明るい」わけでもなく、もっと崇高かつ透明感のある感情です。

後に知ったのですが、この「This Night」はビリー・ジョエル ( Billy Joel )の曲だったようです。
教科書には日本語で載っており、日本語で合唱されていましたけど。

(※追記:この教科書に載っていた曲は、「This Night 海を見た日から」というタイトルのようです。歌詞を、途中からは覚えているのですが、出だしが思い出せません。ネットで調べても出てこない・・・ご存知の方がいましたら、教えてください。)
※2007/6/18追記 「This Night 海を見た日から」の歌詞を、コメント欄に書き込みを頂きました!!でも一部不明点がありますし、2番の歌詞など、引き続き、ご存知の方は書き込みをお願いします!!


ピアニストはウラディミール・アシュケナージVladimir Ashkenazy )です。
アシュケナージは、演出しすぎないというか、素直で澄み切ったような感じがするので大好きです。
アクの強いピアニストよりアシュケナージの素直なピアノが、
このベートーヴェンのピアノソナタに合っている気がします。
(私が聴きなれてしまったせいでしょうけど。)

次回、次々回予定の3大ピアノソナタも、アシュケナージのCDを紹介します。
⇒第2回の記事「ピアノソナタ21番 17番 26番」ベートーヴェンの記事を見る
⇒第3回の記事「ピアノソナタ30番 31番 32番」ベートーヴェンの記事を見る



⇒ノルン3姉妹のお気に入りブログ Neo 目次Topへ戻る




↓ユーズドで安く出ています。



アシュケナージ(ヴラディーミル), ベートーヴェン

ベートーヴェン : 3大ピアノ・ソナタ集


↓試聴はこちらの輸入盤で。

別レーベルですが、同じアシュケナージの録音です。

こちらは在庫もあるようです。

Ludwig van Beethoven, Vladimir Ashkenazy
Beethoven: Piano Sonatas

ベートーヴェンのピアノソナタの楽譜です。

↓1番~15番はこちら。

全音楽譜出版社編集部
ベートーベンソナタアルバム (1) 全音ピアノライブラリー

↓16番~32番はこちら。

全音楽譜出版社出版部
ベートーベンソナタアルバム (2) 全音ピアノライブラリー

Ludwig van Beethoven



↓ビリー・ジョエルのThis Nightが収録された、名アルバム、

「An Innocent Man」

試聴できます!

Billy Joel
An Innocent Man

↓ビリー・ジョエルの名曲を集めて作られたミュージカル、
「ムーヴィン・アウト」のCD。
ビリー・ジョエルのファンの方にはお奨めです。
This Nightも7曲目に収録されています。
試聴できます!



Billy Joel

Movin Out - O.C.R.





ちなみに、ビリー・ジョエルのThis Nightの日本語訳は、
「今宵はフォーエバー」のようです。。
私が音楽の教科書で見たものではない・・・・


ヴィジュアルに分かる本棚を作りました!
⇒ノルン3姉妹のお気に入りを陳列する棚


⇒ノルン3姉妹のお気に入りブログ 目次Topへ戻る

[「ピアノソナタ 14番 23番 8番」 ベートーヴェン]の 【続きを読む】

[RSS]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。