書籍_歴史・地理・世界情勢

書籍_歴史・地理・世界情勢 に関する記事です。
HOME≫カテゴリー:書籍_歴史・地理・世界情勢

--/--/-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS]


2007/08/08 Wed
アメリカの原爆投下はしょうがなかったのか??

1945年8月6日に広島に原爆が投下、その3日後、8月9日に長崎に原爆が投下されました。
今年もこの時期を迎えて、今、各テレビ局で原爆特集などをやっていますね。

8月6日の報道ステーションにて、映画「ヒロシマナガサキ」の紹介と共に、アメリカの歴史教科書の原爆についての記述が放送されていました。
そこでは、このように書かれています。

「原爆を投下することで、戦争を早期に終結させ、本土決戦になった場合に予想されるアメリカ兵の死者数50万人の命を救った。」

「アメリカ兵50万人の命を救うため」に、また、「戦争の早期終結」のために、原爆の投下はやむを得なかった、というのは、最も一般的な原爆投下の正当化の理由となっているものだと思います。
実際にアメリカの歴史教科書に書かれている通り、多くのアメリカ人にはこの理論が教育として刷り込まれているようです。

しかし、
本土決戦の必要性も無かったし、50万人という数字も大嘘です!!
戦争を長引かせた一因は、トルーマン個人の「無条件降伏」へのこだわりがあります!!

本書では、まず、軍事的に原爆が全く不必要であったことを証明します。

マッカッサーの本土決戦に関する報告、参謀長レーヒ提督の手記などから、
軍事的には、日本本土への空襲を続けるのみでよく、本土決戦は不必要と考えられていたこと、
また、仮に本土決戦を行った場合の死者数は4万人程度の予想だったことが分かります。

マッカーサー将軍、アイゼンハワー将軍、レーヒ提督といった軍の実務担当者達は揃って原爆の使用に反対していました。
彼らは、毒ガスが非人道的な武器であり、もし民間人に使用すれば国際的な非難を受けることを良く知っています。原子爆弾は、放射能を撒き散らす、毒ガス以上に非人道的な武器で、彼らにとっては絶対に使用が許されるようなものではなく、仮に使用した場合にアメリカ軍が受ける非難を恐れていました。

さらに、6月の沖縄戦の時点で、日本では戦争終結を目指していましたし、レーヒ提督を初めとするアメリカの内部からも、天皇制を維持を条件とした降伏を受け入れて戦争を終結させよう、という意見が挙がっていました。
国際的にも、まさに戦争を早期に終結させるために、天皇制維持を条件とすれば日本は降伏するというのが明白になっていました。

しかし、トルーマンはこれらの声を押し切って断固「無条件降伏」にこだわり続けました。

そして、原爆が完成するまでわざわざポツダム会談を延期、「無条件降伏」を要求することでかえって戦争を長引かせているのです。

「50万人の兵士の命を救う」「戦争の早期終結」という原爆使用の目的は、大嘘であることが分かります。

また、そもそも、本当にその目的のために使用するとしても、兵士の命を救うために、ほぼ同数にも及ぶ婦人・子供までを含む民間人を殺すことが正当化できるでしょうか?
それが、戦争が終結した後でも被害者を延々と出し続ける放射能を撒き散らすようなものであれば、尚更正当化できるわけがありません。
(当時は、原爆を落とされた地域は、放射能のために72年間は立ち入り出来ないと言われており、調査員の立ち入りも制限されました。アメリカはそのような影響を自分達で算出していて使用しているのです!!)

兵士の命を救うために、また、戦争の早期終結のために、核爆弾の使用が許されてしまうなら、どんな戦争においても核爆弾の使用は正当化されてしまうではないですか!!!
それが正当化されないことは、その後の多くの戦争にて核爆弾が使用されていないことでも明らかです。

(もっとも、あまりに「兵士の命を守るために原爆を使用した」という正当化を刷り込まれているために、いざとなれば相手に核を打ち込め、と言い出すアメリカ人もいるようなのですが。)

原爆を開発した科学者達からも、原爆を実戦では使用しないようにとの請願書が出されています。
彼らは、公開実験などにより原爆の威力を示すことで、威嚇としてのみ使用すれば良いと考えていました。
まして、原爆が広島や長崎といった人口の多い都市に落とされることは考えていませんでした。
アインシュタインを初め多くの科学者が戦後原爆の開発に携わったことを間違いだったと後悔していますが、トルーマンはそのような科学者達を毛嫌いしました。


では、なぜ、トルーマンは原爆を投下したのか?

この本ではその原因を大きく3つ挙げています。

1、戦後の対ソ連・対スターリン戦略
  アジアにおけるソ連の権力拡大を防ぐため、当時アメリカしか持っていない原爆の威力をソ連に見せ付けることで、戦後処理をアメリカ優位に進めようとした。

2、トルーマンの男らしさの演出
  男らしい父・叔父などを誇りとしていながら、子供の頃から「意気地なし」と言われて「男らしさ」がコンプレックスになっていたというトルーマンの基本性格の上に、
  大統領になったときも、ルーズベルトという偉大な大統領の突然の死によりたまたま大統領になってしまったことで頼りないと思われており、それだけに強さをアピールしようと必死だった。

3、トルーマンの人種差別意識
  トルーマンが南部の出身で奴隷がいる家族であったこと、非公式の場ではジャーナリストなどに対しても平気で「ニガー」という言葉を使用していたこと、同様に有色人種である日本人にも差別意識があった。
  また、当時の風潮では、トルーマンに限らず、アメリカ全体に中国人・日本人を初めとする差別の風潮があった。
  (同じ状況がドイツであれば、原爆は落とされなかったはず。またドイツはヒトラー個人やナチスという特定団体が標的とされるが、日本の場合は日本人そのものが敵・野蛮人とされていた。)


さて、久間元防衛大臣の「原爆はしょうがない」発言ですが・・・これについて個人的な意見を一言。

私はニュースで一応発言全体を聞きました。
発言全体の趣旨としては、
「戦争という状況下だったために原爆が落とされたのであり、原爆によって戦争が早期に解決した部分もある。今後は戦争そのものが起きないようにしていくべきだ」
ということを述べており、「しょうがない」も「戦争という状況下であった」ということと、「過ぎたことはどうしようもないので、未来を考えていこう」というようなことを言おうとしていたと理解しています。
そのような内容自体は、必ずしも悪くなかったと思います。

それでもはやり「原爆はしょうがない」は不適切な語彙の選択です。
なぜならば、例えば「アウシュヴィッツはしょうがない」「南京大虐殺はしょうがない」などと言うでしょうか?
久間さんの「戦争という状況下であった」ということと、「過ぎたことはどうしようもないので、未来を考えていこう」という文脈に従えば、同様のことはアウシュヴィッツや南京大虐殺にも当てはまりますが、それでも「アウシュヴィッツはしょうがない」と言ってしまえば間違いなく非難を受けるでしょう。
原爆はアウシュヴィッツなどと並ぶ民間人の大虐殺行為です!!
はやり「しょうがない」と受け入れるような言葉使いをしてはいけないのです!!

久間さんの発言は自体は文脈的には悪くなかったと思っているのですが、その後久間さんが最後まで「私の発言は悪くないが、周囲が理解しない。」という態度を貫き、自分の言葉の選択を反省しなかったのは非常に腹立たしいです。やっぱりちょっと問題あるなぁ、と思っています。
上記のように、「ならあなたはアウシュヴィッツはしょうがない、と言いますか?」と聞いてみたいですね。


私は、広島にも長崎にもアウシュヴィッツ=ヴィルケナウ収容所(ポーランドではオシフィエンチム)にも行きました。
これらは世界の全ての人が一度足を運んでおくべきではないかと思っています。
それが同様のことを繰り返さないための最大の抑止力になると思うからです。

ヒロシマ・ナガサキこそ、その後の核爆弾の使用を防いでいる世界最大の核への抑止力であると思います。
北朝鮮・イラン・イスラエルなど公然と核開発を進める国がある中、改めてそれらの国の人たちにヒロシマ・ナガサキを訴えていく必要があると思います。


この本は、かなりの部分が多くの資料からの引用で構成されており、よくある「原爆投下の真相」といった本の中でも信用のおけるドキュメント本といえます。(その一方、構成が分かりにくく、大きなテーマごとに章分けはされているものの、もっと主張・要点を明確にしてから資料を並べるなりすれば分かり易かったと思います。わざと論旨をぼかしているのかもしれませんが・・・。)

原爆記念日、8月15日の終戦記念日を迎え、今一度戦争をより良く理解するために、是非、ご一読をお奨め致します!




↓原爆を投下した飛行士の本が邦訳されています。
こういう意見を言う人もいるのだ、という事実を知るのも必要だと思います。



ヴィジュアルに分かる本棚を作りました!
⇒ノルン3姉妹のお気に入りを陳列する棚


⇒ノルン3姉妹のお気に入りブログ.Neo 目次Topへ戻る

   
スポンサーサイト

[RSS]


2007/06/11 Mon


サムライの歴史の象徴ですね。

この本は、城の解説本としては、決定版です!
城の歴史だけでなく、構造などについても詳しく解説。
「図典」とある通り、図版・写真・資料が非常に豊富でヴィジュアルに分かり易い。

旅行が好きな方。
建築が好きな方。
歴史が好きな方。
そんな方、必携の本です。

この本は凄いです。
例えば、下記のように網羅して図版付きで説明されています。

【石垣の積み方】
布積、乱積、野面積、打込接、切込接、亀甲積、谷積など。
【破風の種類】
入母屋破風、千鳥破風、軒唐破風、向唐破風、切妻破風など。
【門の種類】
櫓門、薬医門、高麗門、埋門、棟門、冠木門、長屋門、塀重門など。

違い、分かりますか?
お城に行くと、これらの言葉を普通に使って解説されていると思います。
でも、それぞれの違いとか説明されていないから、あまり良く分からないですよね?


もちろん、城の歴史、コラムなども豊富に載っています。
全国のほとんどの城が写真や図版で掲載されています。
天守閣、櫓、鯱瓦、城下町なども、もちろん解説されています。

ついでに言えば、この本で紹介されている知識は、
城に限らず、寺社などの日本建築を見るときにもとても役立ちます。
門や破風など建築構造としては一緒なので。

この1冊で、日本の城については、網羅的体系的に知ることができます。
城や日本建築について、ちょっとツウな見方ができるようになり、
旅行などもさらに楽しくなること間違い無しです。



⇒ノルン3姉妹のお気に入りブログ Neo 目次Topへ戻る




↓現在在庫残り2点です。

三浦 正幸
城のつくり方図典

日本建築・庭園に興味のある方はこちらの記事もお奨め。
 ⇒「図説 日本庭園のみかた」 宮元健次
 ⇒「古寺社巡りの愉しみ―歴史と建物の鑑賞ハンドブック」 瓜生中


ヴィジュアルに分かる本棚を作りました!
⇒ノルン3姉妹のお気に入りを陳列する棚



⇒ノルン3姉妹のお気に入りブログ Neo 目次Topへ戻る

[「城のつくり方図典」 三浦正幸]の 【続きを読む】

[RSS]


2007/05/26 Sat
最近、麻疹(はしか)や百日咳などの流行による大学休講なんていうニュースをよく聞きますね。

感染症は世界史を動かす」。

素直にこのフレーズにはある種の真実があると思いました。

なぜなら、
時代の権力者だろうが奴隷だろうが
自国だろうが敵国だろうが

病原菌やウィルスは人も国も選びませんから

時代の権力者達も感染症に対してそれぞれの対策、或いは妥協をせざるを
得なかったはずです。
それが結果として歴史にどう影響を与えたのか。

らい病、ペスト、結核、梅毒、インフルエンザ、エイズ・・・

目次を見る限り、過去の歴史の考察から、
21世紀の感染症の影響についてまで考察されているようで、
とにかく、どんなこと書いているのか目を通したいと思いました。


⇒ノルン3姉妹のお気に入りブログ Neo 目次Topへ戻る



岡田 晴恵
感染症は世界史を動かす

目次は【続きを読む】の中で記載します。

[感染症は世界史を動かす 岡田 晴恵]の 【続きを読む】

[RSS]


2007/04/20 Fri
2007年NHK大河ドラマ「風林火山」のガイド本として、お手軽な一冊です。

ゴルゴ13のさいとう・プロダクションがイラストを付けており、
ヴィジュアルでも覚えやすい1冊になっております。

下に書いた目次を見て頂きたいですが、二十四将以外にも、
信玄を取り巻いた女性、敵将達の人物像、信玄の主な戦歴、国内政策が
掲載されており、まさに簡易な武田信玄入門本です。
年表や、史跡ガイドも付いています。



はい。私は今大河ドラマ見ています。面白いです。
この本を読んでいるとき、一人一人俳優さんの顔が浮かんできました。
同時に一人一人、あーこの先こういう最後を迎えていくのね、、と感慨を覚えました。


それと、今年のNHKの大河ドラマ、千住明さんの音楽が良すぎます!!
壮大なスケールと哀愁が迫力あるオーケストラでビンビンに伝わります。
CDも紹介しておきますね。


本の目次・登場人物リストは追記に記載します。
記事下部の【続きを読む】をクリックして下さい。
⇒ノルン3姉妹のお気に入りブログ.Neo 目次Topへ戻る



すぎた とおる
武田信玄と二十四将―イラスト&解説でよく分かる!




↓千住明の音楽、本当に最高!!!
TVサントラ, NHK交響楽団, 高関健, 千住明, ワルシャワ・フィルハーモニー管弦楽団, マリオ・クレメンツ

風林火山




ヴィジュアルに分かる本棚を作りました!
⇒ノルン3姉妹のお気に入りを陳列する棚


⇒ノルン3姉妹のお気に入りブログ.Neo 目次Topへ戻る


[「武田信玄と二十四将」 すぎたとおる]の 【続きを読む】

[RSS]


2007/02/17 Sat
今、ユーロが強いですね。(数年前にユーロをたくさん買っておけば・・・)

EU(欧州連合)の成長振りは、経済を中心とした、国家間の、
それぞれの国が独立自尊しながらのゆるやかで平和的な協力関係、
というものについて考えさせられます。


そのEUの母体となる運動を起こした人物は?

一人に絞ることはできないでしょうが、この人物無くしては、EUの歴史も変わっていたかも知れません。

それは、
リヒャルト・ニコラウス・栄次郎・クーデンホーフ=カレルギーRichard Nicolaus Eijiro Coudenhove-Kalergi )です。

彼は、第一次世界大戦後、29歳にして、「パン・ヨーロッパ(汎ヨーロッパ)」という書物を執筆し、ヨーロッパ連合を提唱します。

彼は、幼い頃から次のような強い信念を持ちます。

"国家間の永遠の仇敵関係は、結局のところ、
無知、先入観、および国民の欺瞞に基づくものである
"

この言葉を私は強く支持したいです。

カレルギーは、パン・ヨーロッパ執筆後、理想を実現すべく、
国際的な政治の舞台で非常に精力的な活動をします。
当時の欧米各国の権力者・政治家達に積極的に、
パン・ヨーロッパの精神性と利益を説いて回るのです。

彼の理想は、第二次世界大戦を経た各国の反省から、
ようやく具体的に経済協力機構などという形で実現していきます。

その頃には直接的な活動なくとも、既に彼の理想の方向に向かっており、
また特定の国家に就いて政治家としての活動を行えなかった彼は、
現在では、必ずしもカレルギーの働き自体への歴史的評価は低いようです。
実際に私も、高校の世界史レベルで彼の名前を見たことがありませんでした。

しかし、クーデンホーフ・カレルギーの運動の歴史への貢献は、
ヨーロッパの有力政治家達に、平和的なヨーロッパ統合についての
理想を植え付け、現在のEUに至るまでの流れの中で、
精神的に大きな影響を与えた点といえるでしょう。


その点において、カレルギーの活動を、
現在の21世紀の世界へと視点を置き換えて、
再評価することは有意義
だと思います。

彼は、ヨーロッパ統合を理想としましたが、現在であれば、当然ながら、
ヨーロッパやアジア、アメリカ・アフリカという枠組み、
それは同時に、ユダヤ教・キリスト教・イスラム教・仏教といったような、
それぞれの民族の根幹をなす精神性すら、尊重しつつも超越した世界全体の平和の実現です。


それはユートピアかもしれません。

しかしこのカレルギー回想録の中で、カレルギー自身が、
パン・ヨーロッパはユートピアである、という非難に対して、こう応えています。
"1913年には、ポーランドもチェコスロバキアもユートピアであったが、1918年には現実になった。
1916年にはロシアにおける共産党の勝利はユートピアであったが、1917年には現実になった(・・・)
世界歴史は一連の脅威と実現されたユートピアから成っている。(・・・)
最初の数千人が数百万人を説得し、昨日のユートピアを明日の現実に変えさせるだけの信念の力と宣伝力とを持っているか否かにかかっているのである。
"


カレルギーはさらにドイツ、イタリアの例を挙げ、
精神面でのアイデンティティの革命が、
可能であることを説きます。

ドイツやイタリアはかつては、「ドイツ国民」、「イタリア国民」という共同体の意識を持っていませんでした。
各都市が各王国として存在していたわけですね。(バイエルン王国、ザクセン王国など)

それが、例えばドイツの場合、ナポレオン支配への対抗から、
それまでの、バイエルン人、プロシャ人、ザクセン人といった意識から、

まず第一に「自分達がドイツ人」であり、
各王国の市民であることは二の次である、

という「心の革命」が起き、統一ドイツ帝国が誕生します。
(フィヒテの「ドイツ国民に告ぐ」などが心の革命を促しました。)
イタリアもほぼ同様です。


この心の革命を、21世紀に当てはめるならば、やはり国家や宗教や民族を超えた、
まず第一に「自分達が地球人」であり、各国家や宗教の違いは二の次である
と認識することだと思います。

スイス・インドなど多言語国家は既に実現しています。
ならば21世紀は、多文化がそれぞれ尊重された共同体を目指す時でしょう。


カレルギーは言います。
"ヨーロッパの諸民族は充分に苦難の道を歩んで来ました。
ヨーロッパの諸民族は充分過ぎるほど憎しみ合って来ました。
いまやこの苦難と憎悪に終止符を打つ時期、
すなわち和解と確信の時期が来たのであります。
"


21世紀の今、ヨーロッパの諸民族、という言葉を、
世界の諸民族」と置き換えて、
和解について考える時期のはずです。


この本は、1958年のクーデンホーフ・カレルギー自身の自叙伝です。
(原題はEine Idee erobert Europa)
29歳で出版したパンヨーロッパから35年後の著作です。
自身の両親、生い立ちについてから、パンヨーロッパ思想の形成、
パンヨーロッパ執筆後の第二次世界大戦前後の世界各国の
首脳達との会談などがリアルに描かれます。
代表作パンヨーロッパより間違いなくこちらを読むべきだと思います。


さらに、この本を現在の日本人にお奨めする理由が2つあります。
母が日本人であり、カレルギー自身東京生まれである。
 (名前の一部の「栄次郎」で分かりますね。)
現在安倍晋三首相の掲げる「美しい国」及び愛国精神について道を誤らないように考察する。

①については、リヒャルト・クーデンホーフ=カレルギーは、
オーストリアの駐日大使であった父ハインリヒ・クーデンホーフ=カレルギーが、
日本人女性青山ミツと結婚して、東京滞在中に産まれています。
母については、「クーデンホーフ光子」という名前で手記や小説化されたものが本になっています。
松本清張も「暗い血の旋舞」という小説にしています。
私は知りませんが、クーデンホーフ光子の生涯を描く吉永小百合主演のドラマもあるとか。
日本人として知っておくべきでしょう。

②について、カレルギーはこう警告しています。
"過激な愛国主義は半教養者の偏見に他ならない"
この言葉の意味、及び、
"国家間の永遠の仇敵関係は、結局のところ、
無知、先入観、および国民の欺瞞に基づくものである"
この言葉の意味を忘れずに、安倍首相の美しい国・愛国教育を眺める必要があると思います。


この「クーデンホーフ・カレルギー回想録」は、
一人の人間の自伝としてではなく、
第一次・第二次世界大戦を経て、ヨーロッパ統合へと向かっていく、
最も複雑で激動の数十年間を、その渦の中心にいた一人の人間の、
回想録という主観的な目を通して記録されたヨーロッパの生のドラマ
としても、とても興味深いです。

尚、日本でも、カレルギーの影響を受けて設立された団体がいくつかあるようです。
念のため一応書いておきますが、私はそれら団体とは無関係の一般民です。

クーデンホーフ・カレルギーに関しての面白い論文がpdfでネット上にあったのでリンクを貼っておきます。
大学の教授による、客観的で、単なるカレルギー崇拝でない、論文です。エピソードも面白いです。

→「欧州統合運動とクーデンホーフ・カレルギー」


残念ながら、クーデンホーフ・カレルギーの著作は現在ほとんど絶版で、
入手しにくいので、復刊を求めます。
同時に翻訳もやり直して頂きたいです。


⇒ノルン3姉妹のお気に入りブログ.Neo 目次Topへ戻る


鹿島 守之助

クーデンホーフ・カレルギー回想録―思想はヨーロッパを征服する (1964年)



青山ミツこと、クーデンホーフ・ミツコ自身が子供のために残した手記です。
クーデンホーフ光子の手記
シュミット村木真寿美
クーデンホーフ光子の手記


↓クーデンホーフ・ミツコについて、松本清張も評伝を書いています。
暗い血の旋舞
松本 清張
両像・森鴎外 暗い血の旋舞



ヴィジュアルに分かる本棚を作りました!
⇒ノルン3姉妹のお気に入りを陳列する棚


⇒ノルン3姉妹のお気に入りブログ.Neo 目次Topへ戻る


[「クーデンホーフ・カレルギー回想録 思想はヨーロッパを征服する」]の 【続きを読む】

[RSS]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。