2007年04月

2007年04月 に関する記事です。
HOME≫日付:2007年04月

--/--/-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS]


2007/04/26 Thu
「リアリズムほどリアルでないものはない(中略)選択、除去、および強調によってのみ、我々は物事の真のリアルな意味に到達できるのだ。」

ジョージア・オキーフGeorgia O'Keeffe)。

アメリカの女性画家。
おしべ、めしべが花びらに包まれた姿が、キャンバス一杯に巨大化されます。

ブリッタ ベンケ
ジョージア・オキーフ


この表紙の絵はそうでもないですけど。
「ピンクの上のふたつのカラー・リリー」や、
アイリスの絵などは、本当に官能的です。

でも、どうも本人は官能的と捉えられることは嫌だったようですが。
フロイト的な性的な解釈に対してオキーフ自身はこんな言葉を言っています。

「私の花について、あなたが見て思ったことを、あたかも私が見て思ったかのように書いていますが、それは違います。」


花の絵の後、描く対象が変わっていきます。
動物の頭蓋骨、マンハッタン、そしてマグリットのような幻想的な絵へ。


↑の本は解説も豊富で結構お奨めですよ。

↓の本は英語版。安いです。
Barbara Buhler Lynes, Georgia O'Keeffe
Georgia O'Keeffe Museum: Highlights of the Collection



⇒ノルン3姉妹のお気に入りブログ Neo 目次Topへ戻る




スポンサーサイト

[RSS]


2007/04/20 Fri
2007年NHK大河ドラマ「風林火山」のガイド本として、お手軽な一冊です。

ゴルゴ13のさいとう・プロダクションがイラストを付けており、
ヴィジュアルでも覚えやすい1冊になっております。

下に書いた目次を見て頂きたいですが、二十四将以外にも、
信玄を取り巻いた女性、敵将達の人物像、信玄の主な戦歴、国内政策が
掲載されており、まさに簡易な武田信玄入門本です。
年表や、史跡ガイドも付いています。



はい。私は今大河ドラマ見ています。面白いです。
この本を読んでいるとき、一人一人俳優さんの顔が浮かんできました。
同時に一人一人、あーこの先こういう最後を迎えていくのね、、と感慨を覚えました。


それと、今年のNHKの大河ドラマ、千住明さんの音楽が良すぎます!!
壮大なスケールと哀愁が迫力あるオーケストラでビンビンに伝わります。
CDも紹介しておきますね。


本の目次・登場人物リストは追記に記載します。
記事下部の【続きを読む】をクリックして下さい。
⇒ノルン3姉妹のお気に入りブログ.Neo 目次Topへ戻る



すぎた とおる
武田信玄と二十四将―イラスト&解説でよく分かる!




↓千住明の音楽、本当に最高!!!
TVサントラ, NHK交響楽団, 高関健, 千住明, ワルシャワ・フィルハーモニー管弦楽団, マリオ・クレメンツ

風林火山




ヴィジュアルに分かる本棚を作りました!
⇒ノルン3姉妹のお気に入りを陳列する棚


⇒ノルン3姉妹のお気に入りブログ.Neo 目次Topへ戻る


[「武田信玄と二十四将」 すぎたとおる]の 【続きを読む】

[RSS]


2007/04/13 Fri

会社経営者の視点から見る、会計初心者への入門書です。

物語仕立てになっていて、読みやすいですね。
マンガではありませんが、「マンガでわかる○○」のノリです。

【ストーリー】
社長の父が急逝。
突如借金まみれのアパレル会社「ハンナ」を継ぐことになった、
会計を知らない普通の女性、由紀。
会社の再建のために由紀が頼ったのは、
同じマンションに住むグルメな会計士、安曇。
そして毎月一度、グルメ店での安曇の会計レクチャーが始まる。


会計士安曇のレクチャーの内容は、
BS、CFといった簿記の基礎、
PDCA、
損益分岐点、
ブランド管理、
原価管理、
粉飾決算、
そして最後にBSC(バランスト・スコアカード)の説明
が軽く入って終わります。
(粉飾のところで、カルロス・ゴーンによる日産のV字回復の会計的からくりについても触れていて興味深いです。)

この4月に新社会人となったような方が、経営の視点を持って仕事を行うようになるために、良い本だと思います。

ほんとに入門書ですが、本書を読む前に多少は簿記の知識があった方がいいと思います。
全く知識の無い方には、合わせて「会計のことが面白いほど分かる本」をお奨めします。

全ての新ビジネスマンが、会社で働く入門として
餃子屋と高級フレンチでは、どちらが儲かるか?」と、
会計のことが面白いほど分かる本」2冊の、
計3冊を読んでおかれることをお奨めします。


⇒ノルン3姉妹のお気に入りブログ Neo 目次Topへ戻る



林 總
餃子屋と高級フレンチでは、どちらが儲かるか?


【目次】
突然の社長就任
会計はだまし絵、隠し絵だ―会計の本質と損益計算書のしくみ
現金製造機の効率を上げよ―バランスシートを理解する
大トロはなぜ儲からないか?―キャッシュフロー経営とは何か
テストの見直しをしない子は成績が悪い―経営計画と月次決算のPDCAサイクル
餃子屋と高級フレンチでは、どちらが儲かるか?―利益構造と損益分岐点分析
シャネルはなぜ高い?―見えない現金製造機とコーポレートブランド経営
整形美人にご用心―粉飾決算の見破り方
殺風景な工場ほど儲かっている―原価管理と活動基準原価計算
決断 進むか、退くか―機会損失と意思決定
シャーロック・ホームズの目と行動力を持て!―異常点に着眼し、原因を究明する
会計のトリックに騙されるな!―逆粉飾を見破る
夢に向かって―紀尾井町のフランスレストラン

↓会計を語るには多少の簿記的な知識が必要。
基礎を初心者が学ぶにはとても良い本です。
天野 敦之
会社法対応 会計のことが面白いほどわかる本<会計の基本の基本編>


↓上記の続編です。内容は平易です。
とりあえず、全ての新ビジネスマンの方、一読しておくべきですよ。
天野 敦之
会社法対応 会計のことが面白いほどわかる本<会計基準の理解編>


⇒ノルン3姉妹のお気に入りブログ Neo 目次Topへ戻る


[「餃子屋と高級フレンチでは、どちらが儲かるか?」 林總]の 【続きを読む】

[RSS]


2007/04/07 Sat

なんでもネットで検索!

の世の中に一石を投じる作品です。

ノルン_検索

(※今回もここで載せる画像のみsampleの文字を入れています。)

検索ボックスに「True?」の文字を入れてみました。

その情報って本当?

っていう、意味を込めているのですが、

2つの意味があります。

1つ目は、どこかで得たある情報が本当かどうかネットで検索する、という意味。

2つ目は、そのネットで検索した情報は、本当に正しいか?、という意味。

いろんな情報が氾濫する世の中、

あふれる情報の真偽の見極めって、難しい問題ですね。

この検索ボックスに文字を入れる、というデザインは、

いろいろなパターンが作れますね。

たとえば、

自分探しな感じで、「Who am I?

幸せ探しな感じで、「What's Happy?

よりダイレクトに、「What do you want to know?

とか。

他にも何か思い浮かんだら作ってみようかな、と思います。

とりあえず今回作った商品はこちら。

マウスパッドです。

ネットやりつつ、ちょっと問題意識を持つのも良いのでは無いでしょうか。

ノルンのミセつく、「ノルンのお気に入りのお店」でほかのオリジナル商品も覗いていってあげてくださいませ。

⇒ノルンのお気に入りのお店を覗いてみる。

⇒ノルン3姉妹のお気に入りブログ Neo 目次Topへ戻る

■同じテーマで書かれた記事をチェック

みんなのテーマ* * * LOVE ART * * * from + A-cafe +

( Good する )


[RSS]


2007/04/05 Thu

ここは、テーマ:雑記の記事一覧のページです。
その他の記事の一覧(書籍系、音楽系、芸術系など)は、目次のトップページから、
見ることができます。

⇒ノルン3姉妹のお気に入りブログ Neo 目次Topへ戻る

【雑記】
    はじめまして。よろしくおねがいいたします。
    【祝!受賞】2006年度アメーバニュースベストコメンテーター


ヴィジュアルに分かる本棚を作りました!
⇒ノルン3姉妹のお気に入りを陳列する棚



⇒ノルン3姉妹のお気に入りブログ Neo 目次Topへ戻る


[RSS]


2007/04/05 Thu
[目次(記事一覧)_グッズ系]の 【続きを読む】

[RSS]


2007/04/05 Thu

ここは、テーマ:芸術系の記事一覧のページです。
その他の記事の一覧(書籍系、音楽系など)は、目次のトップページから、
見ることができます。

⇒ノルン3姉妹のお気に入りブログ Neo 目次Topへ戻る


【芸術_絵画】
  ・日本
   東山魁夷
    「京洛四季 東山魁夷小画集」

  ・イギリス
   エドワード・バーン=ジョーンズ

    「Sir Edward Burne-Jones 」 Russell Ash
    「フローラ」

   オーブリー・ビアズリー
    「アーサー王物語」

   リチャード・ダッド
    「夢人館8 リチャード・ダッド」 小柳玲子

   ジョン・ウィリアム・ウォーターハウス
    「J.W.ウォーターハウス (大型本)」 ピーター・トリッピ

  ・ドイツ
   マックス・エルンスト
    「百頭女」「カルメル修道会に入ろうとしたある少女の夢」「慈善週間または七大元素」

  ・ポーランド
   タマラ・ド・レンピツカ
    タマラ・ド・レンピツカ画集

  ・スペイン
   サルヴァドール・ダリ
    「ダリ全画集」 デシャルヌ&ネレ

  ・アメリカ
   ジョージア・オキーフ
    ジョージア・オキーフ画集


【芸術_その他】
  ・庭園
    「図説 日本庭園のみかた」 宮元健次

  ・建築
    「古寺社巡りの愉しみ―歴史と建物の鑑賞ハンドブック」 瓜生中
    「城のつくり方図典」 三浦正幸

  ・能・歌舞伎・狂言・文楽
    「あらすじで読む名作能50」

  ・ガラス
    「産地別 すぐわかる ガラスの見分け方」

  ・家具/インテリア
    「椅子のデザイン小史」 大廣康行

  ・その他
    寺山修司の仮面画報


(この目次での表示のみ、一部の記事を複数のテーマに重複して載せます。)


ヴィジュアルに分かる本棚を作りました!
⇒ノルン3姉妹のお気に入りを陳列する棚


⇒ノルン3姉妹のお気に入りブログ Neo 目次Topへ戻る

[目次(記事一覧)_芸術系]の 【続きを読む】

[RSS]


2007/04/05 Thu
【音楽_クラシック】
  ・作曲者
   B
   バッハ
    「平均律クラーヴィア曲集 全巻」 リヒテル

   ベートーヴェン
    「ベートーヴェン交響曲全集」
    「ピアノソナタ 14番月光 23番熱情 8番悲愴」 アシュケナージ
    「ピアノソナタ 21番ワルトシュタイン 17番テンペスト 26番告別」 アシュケナージ
    「ピアノソナタ 30番 31番 32番」 アシュケナージ
    「ディアベッリ変奏曲」 アシュケナージ

   C
   ショパン
    「ショパン大全集」 「ショパン・ピアノ名曲辞典」

   D
   ドヴォルザーク
    「スラヴ舞曲 全曲」

   L
   リスト

    「ハンガリー狂詩曲 全集」

   M
   メシアン
    
「トゥランガリーラ交響曲」

   P
   ピアソラ
    「タンゴ・ゼロアワー」
    「ラ・カモーラ:情熱的挑発の孤独」
    「レジーナ劇場のアストル・ピアソラ 1970」
    「バンドネオン・コンチェルト」

   R
   ラフマニノフ
    「ピアノ協奏曲第1番・第2番」

   ロドリーゴ
    「決定盤!アランフェス協奏曲」 ナルシソ・イエペス
    「パストラル」 村治佳織

   ラヴェル
    「亡き王女のためのパヴァーヌ」

   リムスキー=コルサコフ
    「シェヘラザード」

   S
   サラサーテ
    「ツィゴイネルワイゼン作品20」「カルメン幻想曲」 ムター

   サティ
    「PIANO AIR 家具のようなピアノ」 アルド・チッコリーニ

   シューマン
    「ピアノソナタ第2番op.22」 リヒテル

   シューベルト
    「シューベルト交響曲全集」

   T
   チャイコフスキー
    「交響曲 第4番、第5番、第6番悲愴」


  ・演奏者
   ピアノ
    アシュケナージ
     「ピアノソナタ 14番月光 23番熱情 8番悲愴」 ベートーヴェン
     「ピアノソナタ 21番ワルンシュタイン 17番テンペスト 26番告別」 ベートーヴェン
     「ピアノソナタ 30番 31番 32番」 ベートーヴェン
     「ディアベッリ変奏曲」 ベートーヴェン

    リヒテル
     「平均律クラーヴィア曲集 全巻」 バッハ
     「ピアノソナタ第2番op.22」 シューマン

   バンドネオン
    アストル・ピアソラ
     「タンゴ・ゼロアワー」
     「ラ・カモーラ:情熱的挑発の孤独」
     「レジーナ劇場のアストル・ピアソラ 1970」
     「バンドネオン・コンチェルト」

   ギター
    ナルシソ・イエペス
     「決定盤!アランフェス協奏曲」
     「ギター名曲集」

    村治佳織
     「パストラル」 ロドリーゴ

   ヴァイオリン
    ムター

     「ツィゴイネルワイゼン作品20」「カルメン幻想曲」「ツィガーヌ」「歌劇タイス 瞑想曲」

   オンド・マルトノ
    原田節

     「湖を渡る風 オンド・マルトノの幻想的世界」
     「トゥランガリーラ交響曲」 オリヴィエ・メシアン

【音楽_JAZZ】
  ・サックス
   ウェイン・ショーター

    「スキッツォフリーニア」

   キャノンボール・アダレイ
     「Somethin' Else」

  ・トランペット
   マイルス・デイヴィス

    「Somethin' Else」

  ・ピアノ
   セロニアス・モンク

    「Genius of Modern Music vol1. vol2」

   ソニー・クラーク
    「Cool Struttin'」

【音楽_日本】
  ・雅楽
   東京楽所
    「雅楽の世界」 (上・下)

  ・J-POP
   椎名林檎
    「平成風俗」 椎名林檎×斉藤ネコ

【音楽_洋楽】
  ・アメリカ
   ブラックモアズ・ナイト
    「シャドウ・オブ・ザ・ムーン」

   カーペンターズ
    「青春の輝き~ヴェリー・ベスト・オブ・カーペンターズ」

【音楽_民族音楽】
  ・アジア
    「世界の民族音楽」

  ・モンゴル
    モンゴル国立馬頭琴交響楽団

  ・ヴェトナム(ベトナム)
    「Music from Vietnam」

  ・ロマ(ジプシー)
    「神技のジプシー・ヴァイオリン」 ラースロ・ベルキとジプシー楽団

  ・スペイン
    フラメンコ ベスト

【音楽_映画音楽・サントラ】
  ・アントン・カラス
    「第三の男 ツィターの世界」

  ・ニーノ・ロータ
    「ニーノ・ロータ プレイズ ニーノ・ロータ」

  ・久石譲
    アニメージュ・ベスト・シンフォニー

【音楽_その他】
  ・国歌
    最新版 世界の国歌101

【オペラ・オペレッタ】
  ・作曲者
   B
   ベルリーニ
    「ノルマ」(全曲) マリア・カラス

   ビゼー
    「カルメン」(全曲) マリア・カラス

   M
   マスネ
    「マノン」(全曲) ルネ・フレミング

   P
   プッチーニ
    「蝶々夫人」(全曲) マリア・カラス
    「トスカ」(全曲) マリア・カラス

   R
   ロッシーニ
    「セビリヤの理髪師」(全曲) マリア・カラス

   S
   シュトラウス 2世
    「こうもり」(全曲) シュワルツコップ
    「ジプシー男爵」(全曲) シュワルツコップ

   V
   ヴェルディ
    「椿姫」(全曲) マリア・カラス

   W
   ワーグナー
    リヒャルト・ワーグナー作品集

  ・歌手
   マリア・カラス
    「歌に生き、愛に生き」(オペラ・アリア集)
    「ノルマ」(全曲) ベルリーニ
    「カルメン」(全曲) ビゼー
    「蝶々夫人」(全曲) プッチーニ
    「トスカ」(全曲) プッチーニ
    「セビリヤの理髪師」(全曲) ロッシーニ
    「椿姫」(全曲) ヴェルディ

   ルネ・フレミング
    「マノン」(全曲) マスネ

   エリザベート・シュワルツコップ
    「こうもり」(全曲) ヨハン・シュトラウス2世
    「ジプシー男爵」(全曲) ヨハン・シュトラウス2世


【ミュージカル】
  ・アンドリュー・ロイド=ウェバー
    「Cats」
    「オペラ座の怪人」
    「ジーザス・クライスト・スーパースター」
    「アスペクツ・オブ・ラブ」

  ・マイケル・ベネット
    「コーラス・ライン」


(この目次での表示のみ、一部の記事を複数のテーマに重複して載せます。)


ヴィジュアルに分かる本棚を作りました!
⇒ノルン3姉妹のお気に入りを陳列する棚


⇒ノルン3姉妹のお気に入りブログ.Neo 目次Topへ戻る
[目次(記事一覧)_音楽・オペラ・ミュージカル系]の 【続きを読む】

[RSS]


2007/04/05 Thu

【書籍_小説・戯曲・文学】
  ・日本文学
    有吉佐和子
      鬼怒川

  ・児童文学
    安房直子
      「銀のくじゃく」 秋の風鈴

  ・推理小説
    コナン・ドイル

      The Original Illustrated "Strand" Sherlock Holmes

    横溝正史
      【特集】金田一耕助 (解説本など)

  ・時代小説・歴史小説
    司馬良太郎
      坂の上の雲 1~8

    村山和義
      忍びの者 1~5

  ・文学百科事典
      朝日百科 世界の文学

【書籍_詩・短歌・俳句】

【書籍_思想・哲学】
  ・エーリッヒ・フロム
      「悪について」 エーリッヒ・フロム
      「フロムの遺産」 ダニエル・バーストン

  ・キルケゴール
      「世界の名著 40 キルケゴール」

【書籍_心理・精神分析】
  ・悪・犯罪の心理
      「悪について」 エーリッヒ・フロム
      「平気でうそをつく人たち」 M.スコット ペック

【書籍_神話・伝説・宗教】
  ・神話・宗教横断的
      「世紀末―神々の終末文書 Truth In Fantasy」

  ・聖書(新約・旧約共通)
      「聖書のヒロインたち」 生田 哲
      「禁忌の聖書学」 山本七平

  ・ユダヤ教
      「ユダヤ人から見た新約聖書」 サミュエル サンドメル

  ・キリスト教
      「ヨハネの黙示録 新約聖書5」(岩波書店)

  ・グノーシス
      「グノーシスの神話」 大貫隆

  ・英雄伝説
      「アーサー王物語」 トーマス・マロリー

【書籍_歴史・地理・世界情勢】
  ・世界全体
      世界遺産―ユネスコ登録690遺産すべて収録
      「感染症は世界史を動かす」 岡田 晴恵

  ・アメリカ
      「アメリカはなぜ日本に原爆を投下したのか」 ロナルド・タカキ

  ・ヨーロッパ
      「クーデンホーフ・カレルギー回想録 思想はヨーロッパを征服する」

  ・ナチス・ドイツ
      「夜と霧 新版」 ヴィクトール・E・フランクル
      「第三帝国の神話」 J.F.ノイロール

  ・東欧
      「東欧 再生への模索」 小川和男

  ・イスラム社会
      「ジョークでわかるイスラム社会」 早坂隆

  ・ロマ(ジプシー)
      「ジプシーの謎」 アンリエット・アセオ

  ・日本
      「武田信玄と二十四将」 すぎたとおる
      「城のつくり方図典」 三浦正幸
      「アメリカはなぜ日本に原爆を投下したのか」 ロナルド・タカキ

【書籍_理系】
  ・科学史
      「科学革命の構造」 トーマス・クーン

  ・脳科学
      「脳科学への招待」 松村 道一
      「新版 脳波の旅への誘い―楽しく学べるわかりやすい脳波入門」 市川忠彦
      「共感覚者の驚くべき日常―形を味わう人、色を聴く人」 リチャード・E. シトーウィック
      「脳は美をいかに感じるか」 セミール・ゼキ
      「化学装置としての脳と心」 R.M. レスタック
      「脳内復活―脳科学がたどりついた「幸福」の原点」 グレッグ・D. ジェイコブス

  ・神経生理学
      「セロトニンと神経細胞・脳・薬物」 鈴木 映二
      「脳と心をあやつる物質―微量物質のはたらきをさぐる」 生田 哲
      「心の神経生理学入門―神経伝達物質とホルモン」 ケヴィン・シルバー

  ・組織学
      「カラー版 細胞紳士録」 藤田恒夫 牛木辰男

  ・行動学
      「裸のサル」の幸福論 デズモンド・モリス

【書籍_ビジネス】
  ・経営全般
      「あらすじで読む 世界のビジネス名著」
      「50の経営理論が図表とたとえ話で3時間でマスターできる本」
      「MBAコンセプト手帳」 通勤大学MBA
      「新訳 現代の経営」 上・下 P.F.ドラッカー

  ・戦略
      「キャプランとノートンの戦略バランスト・スコアカード 」 ロバート・S・キャプラン

  ・会計
      「コーポレート・ファイナンス 第6版」 ブリーリー、マイヤーズ
      「企業価値評価 第4版」 マッキンゼー・アンド・カンパニー
      「企業分析入門 第2版」 クリシュナ・G. パレプ
      「餃子屋と高級フレンチでは、どちらが儲かるか?」 林總

  ・マーケティング
      「コトラーのマーケティング・マネジメント ミレニアム版」 フィリップ・コトラー
      「サービス・マーケティング原理」 ラブロック、ライト

  ・人事
      「ハーバードで教える人材戦略」―ハーバード・ビジネススクールテキスト

  ・アントレプレナー
      「イノベーションへの解」 クレイトン・クリステンセン
      「イノベーションのジレンマ」 クレイトン・クリステンセン

  ・IT
      「戦略的ERPの実践」 近安 理夫
      「ウェブ進化論」 梅田 望夫

  ・企業ドキュメント
      「潜入ルポ アマゾン・ドット・コムの光と影」 横田 増生

      「企業大改造への決断」 倉重英樹

  ・自己啓発
      「アイデアのつくり方」 ジェームス・W・ヤング

【書籍_随筆・ノンフィク・その他】
  ・ノンフィクション
      「生かされて」 イマキュレー・イリバギザ
      「世界の日本人ジョーク集」 早坂隆
      「ジョークでわかるイスラム社会」 早坂隆
      「クーデンホーフ・カレルギー回想録 思想はヨーロッパを征服する」

  ・雑学系
      カラー完全版 魚の目利き食通事典

(この目次での表示のみ、一部の記事を複数のテーマに重複して載せます。)

ヴィジュアルに分かる本棚を作りました!
⇒ノルン3姉妹のお気に入りを陳列する棚




⇒ノルン3姉妹のお気に入りブログ Neo 目次Topへ戻る

[目次(記事一覧)_書籍系]の 【続きを読む】

[RSS]


2007/04/03 Tue

世界の”平和と共存”をテーマにしたデザインを作ってみました。

(今回のデザインにはノルンのロゴは入れていません。)

ノルン_世界の平和と共存 (※今回もここで載せる画像のみsampleの文字を入れています。)

黒、白、黄色の3つの円は、それぞれ、

ニグロイド、コーカソイド、モンゴロイドの各人種を表現しています。

それらの円を、互いに重なり合わせることで、「共存」「平等」を表現しました。

3つの円が次第に混ざり合っていくようなイメージも持たせたつもりです。

3つの色の違う円は、単に人種ということだけでなく、

民族・宗教・言語・文化その他もろもろの色々な違いの

「共存」「平等」への願いを込めたつもりです。

3つの円の上に描いたのは、赤いメビウスの輪です。

これらは、全人間に共通に流れる「赤い血」を表現しています。

裏表が無く、無限や永遠性の象徴でもあるメビウスの輪で表現することで、

たとえ、人種・民族・宗教などが異なっていても、

赤い血が絶えることないように、お互い尊重していこう

ということを表現しました。

3つの円を包むように、メビウスの輪を描き、

全ての人間は赤い血で結ばれていることを、人種などの違いよりも尊重すべき

ということと同時に、駅伝の襷のイメージで、

赤い血が、永遠に次の世代へと引き継がれていく

ことを表現しています。

背景の青は、我々地球に住む人間が共有する、

青い海青い空

を表現したものです。

全ての人間は、例え住む地域、そして文化が異なろうとも、

皆、一つの青い海の上、一つの青い空の下で生きている

同じ場所に住む人間だということを表現しています。

「世界の平和と共存」の精神性を、シンプルで分かりやすく、

かつ、原色を使ってインパクトのある色彩でデザインしたつもりです。

世界の全ての子供が落書きで描けるようなシンプルさ、覚えやすさを目指しました。

(国連の旗とかって、子供が落書きで描けるものではないですよね。)

このようないわば”旗印”による象徴化は、異なる言語、異なる文化の壁を越えて、

共通の精神を持つために重要かつ役立つものだと思います。

↑シンプルなTシャツです。

↑ハンドタオルです。

これは、自分で注文してみました。

もしご希望あれば、ほかの商品でも作りますので、ご連絡ください。

ノルンのミセつく、「ノルンのお気に入りのお店」でほかのオリジナル商品も覗いていってあげてくださいませ。

⇒ノルンのお気に入りのお店を覗いてみる。

⇒ノルン3姉妹のお気に入りブログ Neo 目次Topへ戻る

■同じテーマで書かれた記事をチェック

みんなのテーマ自分にやさしく 人にやさしく 地球にやさしく

( Good する )


[RSS]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。