「レジーナ劇場のアストル・ピアソラ 1970」 アストル・ピアソラ五重奏団

「レジーナ劇場のアストル・ピアソラ 1970」 アストル・ピアソラ五重奏団 に関する記事です。
HOMEスポンサー広告スポンサーサイト

--/--/-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS]

HOME音楽_クラシック「レジーナ劇場のアストル・ピアソラ 1970」 アストル・ピアソラ五重奏団

2007/01/22 Mon

アストル・ピアソラの生演奏による、「ブエノスアイレスの四季」が全曲揃った、唯一のCDだと思います(日本では)。
よって、絶対お奨め!!

ピアソラの代表曲といえば、CMなどでよく使われるは、リベルタンゴなのですが、
演奏家の人たちに好まれるのは、ブエノスアイレスの夏を代表に、
ブエノスアイレスの四季の曲が多いように思います。

然しながら、なぜか、ブエノスアイレスの四季全曲をピアソラが演奏したCDというのは、
この1枚以外に無いのです。
なぜでしょうね~。
ブエノスアイレスの四季は元々バラバラに作られた曲だからでしょうかね。
ピアソラが好きで、ブエノスアイレスの四季を聴いた方なら、絶対纏めて聴きたいですよね。

さらにこのCDには、やっぱり代表曲のブエノスアイレス零時も収録され、ピアソラの愛したブエノスアイレスずくしな一枚になっており、ファン必聴の一枚です。

このCDは1970年のライブ録音で、演奏はピアソラが最も理想的とした編成の五重奏団によるものです。
その五重奏団とは、もちろんピアソラのバンドネオンに、バイオリン、ギター、ピアノ、コントラバスの編成です。
円熟の五重奏団の演奏はもちろん最高です!!本当に他の人の演奏とはぜんぜん違いますよ!!
五重奏団のメンバーも下に書いておきます。

また、ブエノスアイレスの冬の初演は、このレジーナ劇場のコンサートシリーズだそうです。

尚、アストル・ピアソラの最高の録音といえば、「タンゴ・ゼロアワー」と、「ラ・カモーラ」の2つだとは思います。
何しろ、音質が素晴らしい!!!!!
是非この2枚は絶対皆さんに聴いて欲しい!!!
⇒ピアソラ最高のCD 「タンゴ・ゼロアワー」
⇒タンゴ・ゼロアワーと並び称される 「ラ・カモーラ:情熱的挑発の孤独」
⇒「バンドネオン・コンチェルト」珍しいピアソラとオーケストラとの競演




最後に、クラシックで「四季」と言えば、ヴィヴァルディですが、ヴィヴァルディの四季と、
アストル・ピアソラの四季をオーケストラで併録したCDがありますので、
それも紹介しておきます。
正直全く違う「ふたつの四季」ですが、贅沢な聴き比べだと思います。
こちらもお奨めですよ。


⇒ノルン3姉妹のお気に入りブログ Neo 目次Topへ戻る


アストル・ピアソラ五重奏団, アストル・ピアソラ
レジーナ劇場のアストル・ピアソラ 1970


1. ピアソラの挨拶
2. ブエノスアイレスの冬
3. ブエノスアイレスの夏
4. ブエノスアイレスの秋
5. ブエノスアイレスの春
6. ブエノスアイレスの零時
7. アルフレド・ゴビの肖像
8. 革命家
9. キチョ

アストル・ピアソラ (バンドネオン)
アントニオ・アグリ (バイオリン)
オスバルド・マンシ (ピアノ)
カチョ・ティラオ (ギター)
エンリケ・"キチョ"・ディアス (コントラバス)


イタリア合奏団, コーエン(アンドレア), カラベリ(ロベルト), ヴィヴァルディ, ヴィオランテ(ヨランダ), ピアソラ

ヴィヴァルディ:協奏曲集「四季」

四季*ヴァイオリン協奏曲集
作曲: ヴィヴァルディ
イタリア合奏団, コーエン(アンドレア), カラベリ(ロベルト)
ブエノスアイレスの四季
作曲: ピアソラ
イタリア合奏団, ヴィオランテ(ヨランダ

Astor Piazzolla
Antonio Vivardi


ヴィジュアルに分かる本棚を作りました!
⇒ノルン3姉妹のお気に入りを陳列する棚


⇒ノルン3姉妹のお気に入りブログ.Neo 目次Topへ戻る






関連記事

[RSS]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://norn3sisters.blog111.fc2.com/tb.php/102-aa6475f9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。