「百頭女」 マックス・エルンスト

「百頭女」 マックス・エルンスト に関する記事です。
HOMEスポンサー広告スポンサーサイト

--/--/-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS]

HOME芸術_絵画「百頭女」 マックス・エルンスト

2007/02/15 Thu
"文学による絵画であり、絵画による文学である。
そればかりではなく、文学と絵画とをなにか混沌とした世界のなかで
切り貼りし、無数のデジャ・ヴュの幽霊とともに
蘇生させてみた試みである。
"


"読者がどれほどの夢想の容量をもって立ちむかったとしても、
この本は決してよみ尽くされることがないだろう。
"



この本の訳者である巌谷国士のあとがきの言葉です。

この百頭女シュルレアリスムを代表する画家、
マックス・エルンスト( Max Ernst )の、コラージュ小説で、
次に、
カルメル修道会に入ろうとしたある少女の夢」、
慈善習慣または七大元素
へと続く、マックス・エルンストの「コラージュ・ロマン三部作」の
最初のものです。
(このコラージュ・ロマン三部作全て河出文庫になっています。)

20世紀最大の奇書の一つ、とまで言われるこの「百頭女」。
コラージュ小説、と言いましたが、普通の感覚で言えば、コラージュ画集です。

この百頭女であれば、コラージュの絵が147枚、全9章に渡って掲載され、
各絵に象徴的な一文が添えらています。


それだけです。
ストーリーも解釈も、この絵とその文章から、読者自身がインスパイアされたもの、
それ自体なのだと思います。


だからこそ、読み尽くされることがない。

ちなみに、マックス・エルンストはコラージュフロッタージュという技法を、
初めて行った人です。
コラージュに関しては、最初は商品カタログみたいなものを眺めているときに、
ふと、それらのイメージが頭の中でつながり出した、
それを実際に鋏と糊で切り貼りしたのが、始まりという逸話です。
現代で言えば、通販カタログを眺めていたら、ふっとアイディアが沸いてきた、
というところでしょうか。

この百頭女に始まる、コラージュ・ロマン三部作では、既存の銅版画
作品をコラージュにしています。
銅版画独特の幻想的な風合いが、コラージュによって超現実になり、
さらに幻想的に、しかも、元の銅版画も美しいだけに、絵画として美しいです。


マックス・エルンストは、最近では日本でもよく知られるようになり、
エルンスト展や、シュルレアリスム展などでその油絵は紹介されています。
特に、当時のシュルレアリストがずらっと勢揃いして並んだ肖像画、
au rendez-vous des amis’(友人たちの集い)は、
当時のシュルレアリスト達の交流の象徴として、よく紹介されますね。

しかし、この百頭女、それに続く、このコラージュ・ロマン3部作は、
絵画展ではほとんど紹介されません。
絵画数にすると、膨大な数になりますし、
また、こうやって誰でも文庫で簡単に入手できるものですからね。


最後ですが、これらの本の一つの注目ポイントは、
この本に文章を寄せた人たちの豪華さです。

百頭女では、緒言が「シュルレアリスム宣言」のアンドレ・ブルトン
あとがきでは、瀧口修造澁澤龍彦埴谷雄高などなど。


カルメル修道会に入ろうとしたある少女の夢では、
マックス・エルンスト自身の青春の記録、
M.E.の青春についての若干のデータ」、他。

慈善週間または七大元素では、やはり、マックス・エルンスト自身による、
シュルレアリスムとは何か?
そして、シュルレアリスムのリーダー、アンドレ・ブルトンが、
マックス・エルンストの伝説的生涯」を書いています。

これらの文章だけでも価値がありますね。


是非、ぱらぱらとめくって、ご自身の中の夢の世界に旅立ってください。


⇒ノルン3姉妹のお気に入りブログ Neo 目次Topへ戻る



マックス エルンスト, Max Ernst, 巌谷 国士
百頭女



マックス エルンスト, Max Ernst, 巌谷 国士
カルメル修道会に入ろうとしたある少女の夢



M・エルンスト, 巌谷 国士
慈善週間または七大元素



↓マックス・エルンストの有名所の油絵をまとめた、
日本語では珍しい入手しやすく安い画集。
このシリーズ良いですよ。


イアン ターピン, Ian Turpin, 新関 公子
エルンスト




↓日本でシュルレアリスム作品の翻訳といえば、巌谷国士。
その巌谷国士による、平易なシュルレアリスム入門本。
日本でのシュルレアリスムの解説書は、
芸術家が書いたもの⇒意味不明
一般向け解説書⇒説明が間違っている
というものが多い中で、内容の信頼性は折り紙付きで、かつ、
一般の人がちゃんと分かるように平易に書いています。
まずはこれから。
尚、カバー絵もマックス・エルンストです。
巌谷 国士
シュルレアリスムとは何か



ヴィジュアルに分かる本棚を作りました!
⇒ノルン3姉妹のお気に入りを陳列する棚


⇒ノルン3姉妹のお気に入りブログ.Neo 目次Topへ戻る




関連記事

[RSS]

コメント
この記事へのコメント
びっくり黒猫☆
新しく記事を書くの所で、絵文字の隣(みんなの絵文字)をクリックして「猫」で検索してみてください。にゃんこいっぱい出てきます(^_^)v。


http://ameblo.jp/luna-maria
2007/02/15(木) 17:38 | URL | luna-maria 79D/WHSg
>舞莉亜さまへ
コメントありがとうございます。

おー本当ですね。クロネコヤマトみたいな、子猫を咥えているやつとか可愛いですね。
なんとなく、普段絵文字使わずにこのブログ書いているので、ここではあまり使わないと思いますけど、機会があれば使ってみます。
コメント欄では、これ使えないのですね。残念。


http://ameblo.jp/norun3sisters
2007/02/15(木) 20:29 | URL | ノルン 79D/WHSg
無題
はじめまして、こんにちは。TBさせて頂きました。素敵なサイトですね!


2007/02/28(水) 23:44 | URL | かもりーな 79D/WHSg
>かもりーなさまへ
こちらこそTBありがとうございます。

かもりーなさまのサイトも素敵ですね。
私もビアズリーのサロメとか大好きです。

今後も宜しくお願い致します。


http://ameblo.jp/norun3sisters
2007/03/01(木) 15:51 | URL | ノルン 79D/WHSg
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://norn3sisters.blog111.fc2.com/tb.php/116-f8827ab0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
「百頭女」マックス エルンスト (著) 巌谷 国士 (翻訳)河出書房新社 不思議なキャプションをしたがえたシュールな版画がずらり。 1ページに1つずつ、全部で9章147。 シュールレアリスムの画家、マックス・エルンストによる、「コラージュ小説」というものらしい
1970/01/01(木) 09:00:00 | かもりーな劇場
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。