「バンドネオン・コンチェルト」 アストル・ピアソラ

「バンドネオン・コンチェルト」 アストル・ピアソラ に関する記事です。
HOMEスポンサー広告スポンサーサイト

--/--/-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS]

HOME音楽_クラシック「バンドネオン・コンチェルト」 アストル・ピアソラ

2007/02/27 Tue

最近、TVでピアソラのメロディーがよく使われています。

哀愁を帯びた情熱的なメロディーであったり、
或いは、どこかミステリアスな雰囲気を醸し出したり、
あのピアソラのバンドネオンの音色による、
アルゼンチン・タンゴのメロディーは、
なかなか他のもので代替できないのでしょう。

このCDは、アストル・ピアソラAstor Piazzolla自身が,
バンドネオンを演奏し、オーケストラと競演しているとても珍しいCDです。

バンドネオンは、日本では、小松亮太などが演奏していますが、
やはりアストル・ピアソラの演奏とはかなり違っている気がします。
バンドネオンの音の響きが違うのです。

アストル・ピアソラ自身は、主に自身で結成した五重奏団などで、
活動しており、代表的な録音は全て自身のバンドによるものです。
このブログでも過去に3つのCDを紹介していますが、
全て自身のバンドによるものです。(メンバーは変わっていますが。)
⇒ピアソラ最高のCD 「タンゴ・ゼロアワー」

⇒タンゴ・ゼロアワーと並び称される 「ラ・カモーラ:情熱的挑発の孤独」

⇒ブエノスアイレスの四季全曲 「レジーナ劇場のアストル・ピアソラ 1970」



オーケストラの豊かな音色と共に、ピアソラが演奏する、
艶やかなバンドネオンの音が響き渡る、とても素晴らしいCDです。


個人的には、バンドネオンのためのコンチェルトの第2楽章が、
一番哀愁のあるメロディーで好きですが、
他にも、3つのタンゴの、バンドネオンとハープの音が重なり合う部分など、
美しい部分がたくさんあります。

アストル・ピアソラが好きな方、
リベルタンゴやタンゴ・ゼロアワーだけでなく、
このオーケストラとの競演も是非聴いてみてください。


⇒ノルン3姉妹のお気に入りブログ.Neo 目次Topへ戻る



アストル・ピアソラ, セント・ルークス・オーケストラ, ラロ・シフリン
バンドネオン・コンチェルト~オーケストラの競演


Concierto para bandoneon
1 Allegro marcato
2 Moderato
3 Presto
Tres Tangos for bandoneon and orchestra
4 Allegro tranquillo
5 Moderato mistico
6 Allegro molto marcato


↓同じCDではないですが、同じ曲の試聴はこちらで出来ます。
こちらも、ピアソラ自身の演奏によるオーケストラとの競演です。
(多分在庫は無いです。)
Astor Piazzolla, SWF Sinfonieorchester Baden-Baden, SWR Baden-Baden and Freiburg Symphony Orchestra
Piazzolla: Three Tangos / Aconcagua



ヴィジュアルに分かる本棚を作りました!
⇒ノルン3姉妹のお気に入りを陳列する棚



⇒ノルン3姉妹のお気に入りブログ.Neo 目次Topへ戻る




関連記事

[RSS]

コメント
この記事へのコメント
ようこそ
ようこそお越しくださいまして。
バンドネオン協奏曲、正直、かなりのマニアックな曲ですが、素晴らしい情熱的な曲だと思います。
またお越しください。


http://plaza.rakuten.co.jp/majinn8888/diary/200611280001/#trackback
2007/02/28(水) 09:11 | URL | 魔神8888 79D/WHSg
>魔人8888さまへ
コメント&TB貼らせて頂きましてありがとうございます。

ピアソラは、日本ではリベルタンゴで有名になってしまいましたけど、ピアソラ自身のCDとしては、記事で挙げたものの方が良いなぁ、と思っています。

これからも宜しくお願い致します。


http://ameblo.jp/norun3sisters
2007/02/28(水) 14:12 | URL | ノルン 79D/WHSg
バンドネオン。
バンドネオンって日本ではとっても高い楽器ですよね。昔は古道具みたいなのしか手に入らなくて音が出ないものも・・飾りかぁ??って。。笑。
ベリーを始めて丸8年(←内2年は事故の為踊れませでしたけれど・・)その前はアルゼンチンタンゴ2年程習ってました。ピアソラさんはCDとか、その当時の先生に頂いたテープとかベリーのCDに紛れて居ます。


http://ameblo.jp/luna-maria
2007/02/28(水) 20:57 | URL | luna-maria 79D/WHSg
>舞莉亜さまへ
コメントありがとうございます。

バンドネオンは高いですね。
見るからに複雑そうですしね。私どうせ弾けないので、音が出ない物を飾りとして置いておくのも良いかも。格好良いし。ただし安ければ・・・

舞莉亜さんは、アルゼンチンタンゴもやっていたのですか。凄いなぁ!
タンゴはフラメンコの影響とか受けていて、フラメンコはロマの踊りの影響を受けていて、ロマの踊りのルーツをたどると、アラブ世界のベリーダンスも影響ありますよねぇ。
私はダンスって全然分かりませんが、舞莉亜さんから見て、タンゴとベリーダンスって似ている部分とか、お互い影響し合っている部分とかありますか?


http://ameblo.jp/norun3sisters
2007/02/28(水) 21:45 | URL | ノルン 79D/WHSg
踊りって。。
本当に繋がっているんだと思います。バレエの発祥も今のスペインあたりらしいですし・・。タンゴと中東の曲の似ている点は音調と歌詞がしつこいことかな。。笑。
「貴女の去っていった窓辺に3年佇み・・。」って怖くて戻れません(((( ;°Д°))))。
リズム的にはあまり似ていない様に思います。

どちらかと言えば、中東の音はポリネシアや中南米とも日本とも似ています。私は「祇園祭(←山車にペルシャ絨毯が貼張って有るし中東発祥では?)」のお囃子は中東のタブラのリズムに聞こえますし「コンコンチキチンコンチキチン」って・・。雅楽も中東の音楽に聞こえます。。笑。
舞楽の胡舞の胡は元々トルコ当たりだそうですし・・。舞楽面の濃い顔はどう見てもシルクロード経由?ですし。。笑。
玄宗も中央アジア人で楊貴妃の恋人の安禄山(ソグド人・・って何処?)さんは廻旋舞の名手だったそうですから多分トルコあたりかと思いますし・・。
(廻旋舞=片手を天に掌を上に片手を地に掌を下にただ1時間ほど回転するだけの舞、天と地を人が繋ぐ・・トルコではお寺で舞われ音楽はスーフィーと呼ばれています。エジプトではタンヌーラと呼ばれショーとしても見られます。)

アルゼンチンタンゴは港に入る水夫と娼婦の踊りが洗練されたものと聞きました。
日本だと先生意外と踊る時、習いに来ているおじさんとかで・・踊っている時に度々「おっぱい大きいですねぇ~。」みたいに言われたのが辞めた理由です(/_;)/~~。密着したくない!
フラメンコはスカートで腰が露ではないので判り難いですが・・結構腰の動きの激しさは似ていると思います。
舞踊や歌は自然発生なのでしょうけれど、全ての踊りは西アジアあたりに帰って行きます。きっと古いロマの様な人たちがルーツなんだろうと思います。長々とぉになって申し訳無いです(^_^)v。


http://ameblo.jp/luna-maria
2007/03/01(木) 00:07 | URL | luna-maria 79D/WHSg
>舞莉亜さまへ
コメントありがとうございます。

舞踊や音楽が、その時の歴史の民族の移動や経済的な交流などを通して、どう伝播しどう変化していったのか、ってちゃんとたどると面白いのだと思いますね。文化人類学というか比較文化学というか・・・私には無理ですけど。。。

とりあえず、私ももっといろいろな音楽とか楽しんでいきたいと思っています。


http://ameblo.jp/norun3sisters
2007/03/01(木) 15:58 | URL | ノルン 79D/WHSg
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://norn3sisters.blog111.fc2.com/tb.php/122-eed27cdd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
まだNYにいた頃、出会ったこのアルバム。ちょっと衝撃だった。 そして、今でも自分の desert island disk...
1970/01/01(木) 09:00:00 | blog de rebrain
ハープなど
1970/01/01(木) 09:00:00 | マンションでセレブ生活
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。