「ピアノソナタ 30番 31番 32番」 ベートーヴェン

「ピアノソナタ 30番 31番 32番」 ベートーヴェン に関する記事です。
HOMEスポンサー広告スポンサーサイト

--/--/-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS]

HOME音楽_クラシック「ピアノソナタ 30番 31番 32番」 ベートーヴェン

2007/03/15 Thu

今回はベートーヴェンの3大ソナタ×3の最終回です。

今日の3大ソナタのラインナップは、もちろん、後期3大ソナタです。

ピアノソナタ30番
ピアノソナタ31番
ピアノソナタ32番


3大ソナタの組み合わせとしてはえも言われぬ荘厳な組み合わせで、
私としてはもっと聴かれて欲しいなと思う3曲です。

一応前回までの3大ソナタも復習しましょうね。
第1回の3大ソナタ
14番「月光」
23番「熱情」
8番「悲愴」
第1回の記事「ピアノソナタ14番23番8番」ベートーヴェンの記事を見る。

第2回の3大ソナタ
21番「ワルトシュタイン」
17番「テンペスト」
26番「告別」
⇒第2回の記事「ピアノソナタ21番17番26番」ベートーヴェンの記事を見る。

第1回、第2回のラインナップと今回のラインナップを見比べてみてください。

今回の、後期3大ソナタには曲のタイトルが付いていないですね。


そもそも、ベートーヴェンの3大ソナタとは、レコード会社が勝手に選んだもので、
売れるためにはやっぱり、タイトル付きのものの方が、
お客さんが曲の雰囲気を味わい易いのか、売りやすかったようですね。


でも、今回の3大ソナタは、タイトル無しでも3大ソナタと纏められる、
それだけ素晴らしい3曲です。
もちろん、ピアノソナタのラスト3曲!
という売り方もできるからでもありますが、
伊達に最後の3曲ではありません。

ベートーヴェンの美しいメロディーはより美しくなり、
それでいて荘厳さを帯びています。

ベートーヴェンは不思議な作曲家です。
バッハは神の音楽を作曲しました。バッハ自身が神の側に立って。
ベートーヴェンは神の領域に踏み込んだ音楽を作曲しました。人間のままで。

そんな風に思います。
(何言っているのか分かりませんね。。)
豊かな感情を、荘厳なメロディへと昇華させ、さらに神業の構成力で纏めている、という感じでしょうか。
(こう言葉にしてしまうと陳腐な表現になっちゃう・・・)

30番
第1楽章は静かに美しいメロディが繰り返されます。
しかし、第2楽章では、出だしから激しいテンポで打ち消されます。
この第2楽章のメロディが比較的有名かもしれません。
(ターンタターンタ、ターラタラタッタッ、って感じ)
で、第3楽章の出だしで再び静かなメロディになり、
それが次第に激しさを増して行って荘厳なクライマックス迎え、
そして静かに終わります。

31番
第1楽章、第2楽章とも美しいのですけど、なんといっても第3楽章でしょうね。
前半は「アリオーソ・ドレンテ(悲嘆の歌)」と呼ばれる美しくも暗いメロディ。
後半は、段々と段々と盛り上がっていき、絶頂の後、
教会の鐘の音のような音が響き、神の世界に登ったような感じがします。
そして荘厳なラスト。

32番
第1楽章は、タッタッターン、タ、タタタタターンというメロディが何度も何度も繰り返されます。
とてもバロック的で、それで荘厳な感じがするのは分かるのですが、
ベートーヴェンだと同時に豊かな感情表現も感じるところが不思議なのですよね。
そしてこの32番は第2楽章で完結します。
その第2楽章は、なんというか、いろいろなものが詰まったような曲です。
静けさ激しさ明るさ暗さ・・・全てを纏め、美しく浄化されていくような・・・

凄く良い曲だ・・・
まさにラストソナタ。


さて、最後にベートーヴェンの名前ですが、
普通、日本では人名を現地の発音で発音しますね。
(英語読みしない、ってことです。)

しかし、’ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン’は英語読みだそうです。
ベートーヴェンはドイツのボン生まれ、活動もボンやウィーンのドイツ語圏です。
vanが付いているのはネーデルラント系出身であることを示すそうですが、
オランダ語の発音とも違っているそうです。
本来なら、
’ファン・ベートホーフェン’と発音すべきだそうですが、
なぜベートーヴェンだけ英語読みで定着しているのでしょうね。
一つには、現地の発音も実は様々で唯一の呼び名を決められない、
ということがあるようです。


⇒ノルン3姉妹のお気に入りブログ Neo 目次Topへ戻る


↓アシュケナージのピアノによる30番、31番、32番です。



アシュケナージ(ウラジミール), ベートーヴェン

"ベートーベン / ピアノ・ソナタ第30番,第31番,第32番"



ベートーヴェンのピアノソナタ全曲録音のCDで、
全曲試聴可能です。
ユーズドで6000円台で出ています。日本では2万円ですから超リーズナブルです。


Ludwig van Beethoven, Vladimir Ashkenazy

Beethoven: The Piano Sonatas



ベートーヴェンのピアノソナタの楽譜です。
↓1番~15番はこちら。


全音楽譜出版社編集部

ベートーベンソナタアルバム (1) 全音ピアノライブラリー


↓16番~32番はこちら。


全音楽譜出版社出版部

ベートーベンソナタアルバム (2) 全音ピアノライブラリー




⇒ノルン3姉妹のお気に入りブログ Neo 目次Topへ戻る



Ludwig van Beethoven

Sonata No 30 In E Major, Op. 109
1. Adagio espressivo
2. Prestissimo
3. Andante, molto cantabile ed espressivo
Sonata No 31 In A Flat Major, Op. 110
4. Moderato cantabile
5. Allegro molto
6. Adagio, ma non troppo
7. Fuga: Allegro, ma non troppa
Sonata No 32 In C Minor, Op. 111
8. Maestoso-Allegro con brio ed appassionato
9. Arietta: Adagio molto




関連記事

[RSS]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://norn3sisters.blog111.fc2.com/tb.php/133-7cb645eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。