「アイデアのつくり方」 ジェームス・W・ヤング

「アイデアのつくり方」 ジェームス・W・ヤング に関する記事です。
HOMEスポンサー広告スポンサーサイト

--/--/-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS]

HOME書籍_ビジネス「アイデアのつくり方」 ジェームス・W・ヤング

2007/05/23 Wed
アイディアが自分から溢れ出てくる。
自分の生活がそんな創造的なものになったら魅力的ですよね。

でも、アイディアってどうすれば出てくるのでしょうか?

それって、生まれ持った才能?


まぁ、確かに生まれ持った才能、という部分は無きにしもあらず、なのでしょうが、
でも、努力の余地が無いわけじゃない!!

この本は、そんなアイディアの作り方のプロセスを紹介しており、
これを読めば、自分の生活をよりアイディアに溢れたものにするための
努力ができるようになります。

Amazonでも軒並み高評価を得ている本です。

内容はシンプル。
ここで紹介してしまいますね。

著者は、

アイデアは既存の要素の新しい組み合わせである。

と定義します。そして、

新しい組み合わせを見つけ出す才能は、事物の関連性を見つけ出す才能に依存するところが大きい。

と説きます。
これを踏まえ、アイディアの作られる過程を以下の5つのプロセスとしています。

①情報収集
②情報の咀嚼
③情報から一旦離れる(無意識の作業に任せる)
④アイディアが閃く
⑤アイディアをチェック、具体化、修正

普段、我々がアイディアが浮かぶ、という状態は、上記の④に当たります。
このアイディアが閃く瞬間、というのは、無意識的に訪れるもので、
努力できるものではありません。

また、その状態が訪れる前段階③も、一旦、ある情報から意識的に離れる、
という時期で、つまり無意識の部分であり、
それだけに、アイディアが産まれる瞬間だけを見れば、
努力と関係ないものに思えてしまいます。

しかし、そこに至るまでには、まず①②の段階があり、
その部分は、意識的に行う作業です。
この意識的作業の部分を日頃から努力していくことで、アイディアをより生み出せるようになっていく可能性があります。

①の情報収集の段階では、2種類の情報を集める必要があります。
一つ目は、特殊情報、つまり専門的知識です。
二つ目は、一般的情報、つまり、どんなことにでも興味を持て、っていうことですね。

要は、何か新商品のアイディアを出そうとする場合、
その商品についての知識(専門知識)も必要だけど、それだけでなく、
それと一見関係無いような情報を多く持っていることで、
その情報が、新しい組み合わせ=アイディア、
になっていくということです。

②のデータの咀嚼とは、①で集めた情報を、自分なりに意識的に、
解釈したり、情報同士を並べてみたり、くっつけたり、
意識的にいろいろと加工してみる、ということです。

作家の阿刀田高さんの言葉にも、新しい小説のアイディアを考えるとき、
ある関係の無い二つの要素を、無理矢理関連付けたらどうなるか、
ということを想像する、というものがありました。

著者は、この②の段階を必死にやった後、一旦それを投げ出す段階③を経て、
ふとした何気ない瞬間に④のアイディアが閃く段階が訪れると言いますが、
私としては、この意識的な②の段階で、アイディアが産まれてくることも多いように思います。


この①の情報の収集と、②のデータの咀嚼、これを日々トレーニングしていきましょう!

この本は、本文が、大きな文字で60頁程度。
そこに解説等加えた全体でも、100頁程度。
キャッチコピーは、
「60分で読めるけど一生あなたを離さない本」

一度貴方の60分をこの本に使ってみても良いと思います。
その後の何年分ものあなたの人生がより豊かになるかもしれません。


ジェームス W.ヤング, 今井 茂雄
アイデアのつくり方


目次は【続きを読む】の中で記載します。

【目次】
この考察をはじめたいきさつ
経験による公式
パレートの学説
心を訓練すること
既存の要素を組み合わせること
アイデアは新しい組み合わせである
心の消化過程
つねにそれを考えていること
最後の段階
2、3の追記
解説-竹内均


⇒ノルン3姉妹のお気に入りブログ Neo 目次Topへ戻る



関連記事

[RSS]

コメント
この記事へのコメント
こんにちは
クロネコルルさんかわいい私も設置した飼ったけど~分からないので断念ました・・・。
また遊びに来ます。


http://ameblo.jp/cm115128641
2007/05/23(水) 13:41 | URL | cm115128641 79D/WHSg
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2007/05/23(水) 18:16 | |
無題
ノルン さん!

はじめまして、Dan といいます!
ネットから飛んできました^^

こんなにきちんと1つの本を解説紹介している
ブログにあったことはありません。
もちろんA社でさえ、読んだ人の評価でこちらも
内容を知るわけですが、、、

私もこのアイデアを出す内容で、2が多いと感じます。
なぜなら、アイデアは必要と感じたときに懸命に考え、自分でも知らなかったことに巡り合い、又そこから多くを吸収して複合されて、有る程度の概略ができると思います。

その後で、4などの現象がおこることがあります。
あの瞬間はいつも大好きで、生みの苦しみを忘れ去りますね^^

やはり、そのような感じで日常を少し過ごしていると、閃きが多くでるような気がします。
はい、もう、そのときは、マイワールド^^

これから、よろしくお願いします。
是非、ブログにも遊びに来てください。

応援、ノルン さん  ♪


http://ishikawaryogolf.livedoor.biz/archives/50595403.html
2007/06/05(火) 10:15 | URL | Dan 79D/WHSg
>Danさまへ
コメントありがとうございます。
お褒め頂いたようで恐縮です。

ちゃんと書いてある記事もあれば、書いてない記事もあります・・・。

ちゃんと書いてあるものもそれはそれで難しくて、あまりに長く書いても・・・とも思うので、書きたいこと全て書くわけでもありません。この本についても本当は①~⑤までをもっと詳しく書きたかったけど止めました。
まぁ時間もかかりますしね。

更新も不定期だし、内容の質もバラバラです。あまり期待されないでください。

それでは、今後も宜しくお願い致します。


http://ameblo.jp/norun3sisters
2007/06/05(火) 22:22 | URL | ノルン 79D/WHSg
はじめまして。
私もこの本読んだのですが

②咀嚼する

この部分が重要だと思いました。
ネット時代に欠けてるのはずばりこれじゃないかと。

ネットしてる事は情報収集になるのですが、情報収集した後にその事について考える事をしているか?というと、多分大部分の人がしてないように思います。

だから ② を飛び越えて ③ に突入している。

なーんて読後に思ったりしました。

お邪魔しました。


http://gigababa.blog57.fc2.com/
2007/06/09(土) 16:25 | URL | gigababa 79D/WHSg
>gigababaさまへ
コメントありがとうございます。

②咀嚼する

意識しようとしていても、やっぱり普段どこまで出来ているのかなぁ、と思います。

私自身も、注意していきたいと思います。


2007/06/10(日) 12:38 | URL | ノルン 79D/WHSg
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://norn3sisters.blog111.fc2.com/tb.php/146-c07a9b66
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。