「城のつくり方図典」 三浦正幸

「城のつくり方図典」 三浦正幸 に関する記事です。
HOMEスポンサー広告スポンサーサイト

--/--/-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS]

HOME書籍_歴史・地理・世界情勢「城のつくり方図典」 三浦正幸

2007/06/11 Mon


サムライの歴史の象徴ですね。

この本は、城の解説本としては、決定版です!
城の歴史だけでなく、構造などについても詳しく解説。
「図典」とある通り、図版・写真・資料が非常に豊富でヴィジュアルに分かり易い。

旅行が好きな方。
建築が好きな方。
歴史が好きな方。
そんな方、必携の本です。

この本は凄いです。
例えば、下記のように網羅して図版付きで説明されています。

【石垣の積み方】
布積、乱積、野面積、打込接、切込接、亀甲積、谷積など。
【破風の種類】
入母屋破風、千鳥破風、軒唐破風、向唐破風、切妻破風など。
【門の種類】
櫓門、薬医門、高麗門、埋門、棟門、冠木門、長屋門、塀重門など。

違い、分かりますか?
お城に行くと、これらの言葉を普通に使って解説されていると思います。
でも、それぞれの違いとか説明されていないから、あまり良く分からないですよね?


もちろん、城の歴史、コラムなども豊富に載っています。
全国のほとんどの城が写真や図版で掲載されています。
天守閣、櫓、鯱瓦、城下町なども、もちろん解説されています。

ついでに言えば、この本で紹介されている知識は、
城に限らず、寺社などの日本建築を見るときにもとても役立ちます。
門や破風など建築構造としては一緒なので。

この1冊で、日本の城については、網羅的体系的に知ることができます。
城や日本建築について、ちょっとツウな見方ができるようになり、
旅行などもさらに楽しくなること間違い無しです。



⇒ノルン3姉妹のお気に入りブログ Neo 目次Topへ戻る




↓現在在庫残り2点です。

三浦 正幸
城のつくり方図典

日本建築・庭園に興味のある方はこちらの記事もお奨め。
 ⇒「図説 日本庭園のみかた」 宮元健次
 ⇒「古寺社巡りの愉しみ―歴史と建物の鑑賞ハンドブック」 瓜生中


ヴィジュアルに分かる本棚を作りました!
⇒ノルン3姉妹のお気に入りを陳列する棚



⇒ノルン3姉妹のお気に入りブログ Neo 目次Topへ戻る


ちなみに、私がこれまで登ったことのある城は、
現在天守閣があるもので・・・
会津若松城
宇都宮城
小田原城
岡崎城
名古屋城
岐阜城
二条城
大坂城
姫路城
広島城
松江城
今治城
松山城
宇和島城
島原城
熊本城
くらいでしょうか。天守閣の無いところなら他にもありますが(鹿児島城や萩城など)。
結構行ったなーと思いますが、まだまだ各地には城がたくさんあります。
ひこにゃんで有名な彦根城、函館の五稜郭などにも早く行きたいです。

各地の城に行くと、戦争時の空襲によって、天守閣を初めとする、
多くの文化財が失われたことが分かります。。
本当に残念なことです。忘れてはなりませんね。






関連記事

[RSS]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://norn3sisters.blog111.fc2.com/tb.php/148-16b59937
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
ビジュアルハンドブック必携建築資料
2009/12/27(日) 20:50:46 | ロドリゲスインテリーン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。