「第三の男 ツィターの世界」 アントン・カラス

「第三の男 ツィターの世界」 アントン・カラス に関する記事です。
HOMEスポンサー広告スポンサーサイト

--/--/-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS]

HOME音楽_映画音楽・サントラ「第三の男 ツィターの世界」 アントン・カラス

2007/07/23 Mon

ビール好きの方に超お奨めの一枚です。

サッポロ・ヱビスビールのCMの曲、映画「第三の男」のハリー・ライムのテーマや、ビアソングの代表、シャウエッセンのCMで使われていた、「飲もう、兄弟達よ(トリンク・トリンク)」が収録されています。

聴いていると、ビールが飲みたくなる。飲みながら聴くとビールが旨くなって良い気分で酔える。
そんな一枚です。

このCDは、アントン・カラスによるツィターの演奏です。
ツィターという楽器を知っていますか?

詳細や、収録曲目は追記に記載します。
記事下部の【続きを読む】をクリックしてください。




ヴィジュアルに分かる本棚を作りました!
⇒ノルン3姉妹のお気に入りを陳列する棚


⇒ノルン3姉妹のお気に入りブログ.Neo 目次Topへ戻る

ツィター(チター、Zither)は、30本から40本程の弦を持つ、弦楽器です。
メロディ用の弦と伴奏用の弦があり、一人でメロディと伴奏を付けていく弦楽器としてはちょっと複雑な楽器です。
写真は・・・ウィキペディアから引用しちゃいます。
⇒wikipediaのツィターの項目を見る。

ドイツ南部・オーストリア辺りの民族楽器とも言えるもので、このツィターの名手、アントン・カラス(Anton Karas)も、ウィーンの生まれです。
ウィーン音楽院で学んだ後、ウィーンの居酒屋などで演奏していたところ、飲みに来ていた映画「第三の男(The Third Man)(Zum Dritten Man)」の監督キャロル・リードがその演奏に惚れ込み、映画の音楽をアントン・カラスのツィターのみにしたそうです。結果は大成功。

このCDは、サブタイトルにVienna, City of Dreamというタイトルが付いており、ウィーンの雰囲気を醸し出す曲を集めています。

シャウエッセンのCMにも使われた、ヴィルヘルム・リンデマン(Wilhelm Lindemann)のTrink trink Bruederlein trink(日本ではトリンク・トリンク)なども収録されています。

どうぞ、ツィターの音色に酔いしれてください。

【収録曲】
1. 「第三の男」~ハリー・ライムのテーマ(カラス)
2. あてはずれ(カラス)
3. 飲もう,兄弟たちよ(リンデマン)
4. オッタクリンガー行進曲(フォデルル)
5. グリンツィングにて(ペナツキー)
6. プラーター公園の春(シュトルツ)
7. リリー・マルレーン(シュルツェ)
8. ウィーンよ,我が夢の都(シーツィンスキー)
9. ツィター弾き(カラス)
10. 我がマッツラインスドルフ(オーベルマイヤー)
11. ワルツ「我が心のあこがれ」(カラス)
12. ワルツ「歌の街,愛しのウィーン」(シュトレッカー)
13. ポルカ「私のママはウィーン生まれ」(グルーバー)
14. 「第三の男」~カフェ・モーツァルト・ワルツ(カラス)

ヴィジュアルに分かる本棚を作りました!
⇒ノルン3姉妹のお気に入りを陳列する棚

⇒ノルン3姉妹のお気に入りブログ.Neo 目次Topへ戻る

     アントーン・カラス
関連記事

[RSS]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://norn3sisters.blog111.fc2.com/tb.php/157-5e342bdf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。