「Cats」 アンドリュー・ロイド=ウェバー

「Cats」 アンドリュー・ロイド=ウェバー に関する記事です。
HOMEスポンサー広告スポンサーサイト

--/--/-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS]

HOMEミュージカル「Cats」 アンドリュー・ロイド=ウェバー

2007/05/31 Thu

迷子の黒猫"ルル"がうちのブログにもやってきた記念!!
2007/5/30 "にゃんコブ"がうちにやってきた記念で再更新!!
2007/5/31 "ねろ"がうちにやってきた記念で再々更新!!

大好きなミュージカル、キャッツCatsの記事を、
人気猫の紹介付き、試聴可能のCD紹介、DVD紹介付きで更新です!
猫の神秘を愛する全ての人に・・・


ミュージカルの中のミュージカル!このキャッツこそ、ザ・ミュージカル。



(自分で記事を更新していて、また見たくなってきました・・・)
丁度今、劇団四季のキャッツも五反田に出来たキャッツ上演専用の、
キャッツシアターで公演しています。
⇒劇団四季の「キャッツ」のページへ



ところで、猫の名前、どのように付けていますか?

ミュージカル・キャッツでも、原作のT.S.エリオットの詩集でも、
"猫の名前"が、象徴的で意味深なキーワードになっています。

ミュージカルでは、こう繰り返されます。
猫は求めるのだ、唯一のその名を



原作では、猫には3つの名前があるのだ、と語られます。
一つは"家族が使う呼び名"
もう一つの"格別の名前"(その猫の本質を表現する不思議な名前でしょうか?)
最後は・・・猫が誰にも打ち明けない、人間様には思いも付かない名前だそうです。
猫がよく物思いに耽るのは、自分の名前について、うっとり瞑想しているからなんですって!!


うちのルルにゃんコブねろにも、
"ルル=Maukie=????"
"にゃんコブ=茶太郎=????"
"ねろ=ねこちか2=????"
と、やっぱり私には決して分からない3つ目の名前があるのでしょうね。



さーて、それでは、何匹か猫のスター達を紹介しましょう!


"おばさん猫"ガンビーキャット
  本当の名前は"まだら猫"ジェニエニドッツ。
  彼女は、太って動かなくなり、座って座って座り続け・・・
  今ではガムのようにへばりついて動きません。
  そんな彼女が夜になると大活躍!! 
  曲も演出も、物憂げな昼とリズミカルな夜が見事に対比され、
  とても面白いです。

"つっぱり猫"ラム・タム・タガー
  あまのじゃくな猫ですが女性にはモテモテ!! ロックで聴かせます。

"娼婦猫"グリザベラ
  元売れっ子のグラマー猫、年老いた今は見る影もありません。
  T.S.エリオット自身が、原作詩集には収録しなかった、
  T.S.エリオットの死後発見された遺稿にあった猫です。
  この猫の存在こそが、元々ストーリーの無かったT.S.エリオットの
  キャッツに、あるテーマとストーリーを与えました。
  あの美しい曲「メモリー」は、グリザベラが過去の思い出を思い返し、
  そして・・・・。
  そのための曲なのです。それを知るとまたあの曲が美しく思えます。

"大人物?"バストファー・ジョーンズ
  ダンディといっても、いまや太っちょの気の良いおじさん。
  イギリス人の代表、ジョン・ブルのような猫です。

"小泥棒"マンゴジェリーとランプルティーザー
  家の中から、いつの間にか何かが無くなっていることありませんか?
  それは、この泥棒コンビの仕業です。そして事件は迷宮へ。
  二人の息ぴったりのダンスで魅せます。

"長老猫"オールド・デュートロノミー
  とっても長生き。何年生きているのか何でも知っている長老ですが、
  ちょっと抜けているところも・・・
  ミュージカルでは、幕間に一人舞台に残って、
  サインなど観客の相手をするので人気の、長い毛むくじゃらの猫。

"劇場猫"ガス(アスパラガス)
  かつての人気俳優も、老いて引退しましたが、
  今の若い俳優の演技はなっていない、昔は良かった、と嘆いています。
  いつもの自慢の昔話は、
  自身の当たり役だった海賊グロールタイガーの演技です。

"海賊猫"グロールタイガー
  世界の海で恐れられた、独眼竜の海賊、グロールタイガーも、
  美女グリドルボーンにはメロメロで・・・
  そして宿敵シャム猫達との最後の戦いを迎えます。圧巻です。

"鉄道猫"スキンブルシャンクス
  北へ向かう夜行列車「メイル号」も、この猫がいないと発車できません。
  汽車の長旅、道中お客さんのお相手は気の効くこの猫です。
  労働者の代表です。
  この時、舞台上では猫達によって、
  一瞬にして、夜行列車「メイル号」が形作られます。見事です。

"犯罪王"マキャビティ
  神出鬼没、警察が現場に着いた時、「マキャビティの姿、既に無し!」
  でも、彼について歌う2匹のメス猫は、ちょっと惹かれているようです。
  ミステリアスな悪い男は女性を魅了するのですね。
  観客の前でも、神出鬼没振りを見せる彼が、今回犯す犯罪は・・・?

"魔術師猫"ミストフェリーズ
  「♪驚いたもんだ、素晴らしい奴さ、マジカル・ミスター・ミストフェリーズ♪」
  と、猫達みんなで大合唱する中を、得意のマジックを見せながら、
  舞台を、右へ左へ、美しいハイジャンプ!!
  今回も彼のおかげで、猫達は無事を取り戻します。
  猫、特に黒猫は、不思議な魔力を持つと言われますが、
  彼はその象徴です。
  (私、ミストフェリーズが一番好きかも。うちのルルとねろも黒猫!)

ほかにも、ミュージカル・キャッツには、原作には登場しない
"赤ちゃん猫"シラバブなどの美しい猫たちが重要な役を演じます。



このミュージカルは、舞台だけに留まらず、劇場全体を、
猫達がその体のしなやかな美しさを見せつけながら、歌い踊る、
ジェリクルキャッツたちのお祭りなのです。


ストーリー自体は、一言で言ってしまえば、各猫達の紹介がメインです。
つまり、ストーリーではなく、
それぞれの猫毎のテーマ曲とその歌・ダンスと劇場全体を使った演出そのものを楽しむ、
まさにミュージカルをミュージカルとして楽しむザ・ミュージカル!!


でも、なんといっても素晴らしいのは、
「メモリー」の超美しく切ないメロディーを筆頭にした、
アンドリュー・ロイド=ウェバー( Andrew Lloyd Webber )の曲でしょう。


どの曲もリズミカルで、メロディーが楽しく美しくとても耳に残り、
すぐに口ずさみたくなるものばかりです。


是非、CD聴いてください。(下のリンクから全部視聴できます!)
そして実際に見てください。
そしてまたCDを。


一度CD聴いてからのほうが舞台上のの演出を楽しめるし、
舞台を見た後に聴くCDは、舞台が瞼の裏にに自然と再現されてきてとても浸れます。


オリジナルロンドンキャスト版のリマスター盤CDと、DVDも出ています。

このミュージカルの原作である、ノーベル賞作家、
T.S.エリオットThomas Stearns Eliot )の詩集、
キャッツ―ポッサムおじさんの猫とつき合う法」も、
是非合わせて読んでください。楽しく謎めいた詩集です。
ミュージカルに無い、「猫に話しかける法」という詩もあります。
ポイントは、"犬は犬、猫は猫"。


池田雅之さんによるこのキャッツの解説本、
猫たちの舞踏会―ミュージカル『キャッツ』の謎
これも絶対のお奨めです。猫たちの名前の秘密の謎解きがあります。
原作・ミュージカルを比較しながら、本当に簡易に楽しく解説してくれています。
池田雅之さんのミュージカル・キャッツへの愛情がひしひしと伝わります。
キャッツを3倍楽しめることでしょう。
現在では超入手困難なので、Amazonで在庫があれば是非!!


⇒ノルン3姉妹のお気に入りブログ Neo 目次Topへ戻る



キャッツのオリジナル・ロンドン・キャスト盤。
全曲試聴可能です!



Original London Cast

Cats/O.L.C. (RMST) (RPKG)





T.S.エリオットの原作詩集「キャッツ ポッサムおじさんの猫とつき合う法」



T.S. エリオット, Thomas Stearns Eliot, 池田 雅之, ニコラス ベントリー

キャッツ―ポッサムおじさんの猫とつき合う法




池田雅之の平易なキャッツ解説書。お奨めなんですけど、在庫あるかな?
池田 雅之

猫たちの舞踏会―ミュージカル『キャッツ』の謎



キャッツ唯一の映像、オリジナルロンドンキャストのDVD!!


ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン

キャッツ スペシャル・エディション



日本語版、劇団四季のキャッツのCD。
2種類あるのですが、こちらをお奨めします。


劇団四季

CATS


このブログでのアンドリュー・ロイド=ウェバーの記事です!!
 ⇒オペラ座の怪人
 ⇒ジーザス・クライスト・スーパースター
 ⇒アスペクツ・オブ・ラブ

⇒ノルン3姉妹のお気に入りブログ Neo 目次Topへ戻る


Original London Cast
Act1
1. Overture
2. Prologue: Jellicle Songs For Jellicle Cats
3. The Naming Of Cats
4. The Invitation To The Jellicle Ball
5. The Old Gumbie Cat
6. The Rum Tum Tugger
7. Grizabella, The Glamour Cat
8. Bustopher Jones
9. Mungojerrie And The Rumpelteazer
10. Old Deuteronomy
11. The Jellicle Ball
12. Grizabella, The Glamour Cat
13. Memory
Act2
1. The Moments Of Happiness
2. Gus: The Theatre Cat
3. "Growltiger's Last Stand" including "The Ballad Of Billy McCaw"
4. Skimbleshanks
5. Macavity
6. Mr. Mistoffelees
7. Memory
8. Journey To The Heaviside Layer
9. The Ad-dressing Of Cats









関連記事

[RSS]

コメント
この記事へのコメント
Cat's
私、ロイドウェバー作品では「オペラ座の怪人」の方が好きです。サラ・ブライトマンのクリステーヌ・ダーエはとっても素敵(←CDです。)。
残念ながら彼女の舞台は観る事は出来ませんでしたが、「オペラ座・・」はニューヨーク・サンフランシスコ・四季と計38回も観てしまいました。
その後、ウェバーと結婚、離婚を経て世界のディーバに成長した彼女、若い頃はアイドル歌手だったんですよね。
日本版のCDも市村正親版が一番好きです。
再婚なさって・・この頃は露出も増えてあんな陽気なおじさんとは思わなかったけど・・A=´、`=)ゞ

Cat’sも四季で4回くらい観ました。私もお気に入りはミストフェリーズ!一度舞台から駆け下りて来た彼に薔薇の花を一輪渡されて・・惚れた!!(←多分山口祐一郎さんではなかったかと・・。)
T.S.エリオットは大嫌いだった授業を思い出し悪夢というかトラウマですが・・ノルンさんの記事を読んで日本語なら読んでみたいかなって思いましたo(〃^▽^〃)o。


http://ameblo.jp/luna-maria
2007/02/11(日) 02:37 | URL | luna-maria 79D/WHSg
>舞莉亜さまへ
いつもコメントありがとうございます。

身近でも、Catsかオペラ座の怪人か、っていうのは、意見が分かれるところなんですよね。
もちろん、両方とも大傑作だからそういう議論になるわけで、私も両方大好きです。

なんとなくですけど、ストーリーと音楽を重視される方はオペラ座の怪人を、それよりも、ミュージカル独自の舞台としての演出をより楽しむ方はCatsを、押すのかなぁ、と思ったりしていますが、どう思われますか?(もしかすると、オペラ座の怪人の方が女性受けが良い、というのもあるかも?)

オペラ座の怪人の記事にも書きましたけど、オペラ座の怪人は本当に美しい曲ばかりなんですよねぇ。
でも、38回というのはビックリです!

T.S.エリオットはキャッツ以外読んだことが無いのですが、この作品を読むと彼の印象変わるのではないでしょうか。猫好きなおじさんです!


http://ameblo.jp/norun3sisters
2007/02/11(日) 09:46 | URL | ノルン 79D/WHSg
ルルちゃん☆
もう家出しないみたいですね(^O^)/。
サーバーやブログによってはUPできないところも有るらしいって話でした。←その為に引っ越す人も居るらしいので(*^o^*)。
一応アメブロは貼れると書いてありましたが確認の為検索したところ、まりあが貼る前はアメブロでは他に飼っていらっしゃる方が男の方でお一人いらしただけでした。格闘している間よほどその方にメールを出そうかと思いました(´□`。)。
でも割と簡単に解説して下さっている方のブログを見つけたのでそれからはスムーズに出来ました(^_^)v。
落ち着いてくれて良かったです(o^-')b。


http://ameblo.jp/luna-maria
2007/02/13(火) 01:00 | URL | luna-maria 79D/WHSg
>舞莉亜さまへ
ルルちゃんに関しては、結局何から何までお世話になる形になってしまい、大変感謝しております。
数日間にも亘ってご迷惑をおかけすることになってしまって、本当に申し訳ありません。

ルルは、私の前にはずっと現れてくれていたのに、他人の前に出なかったようで、家出というよりは人見知り?でしょうか。臆病者なんでしょうね。
早くも飼い主に似てしまったかもしれません。
舞莉亜さまの優しさに触れ、ようやく他人の前からも逃げ出さなくなったようで、本当に良かったです。
このブログのお客様にたくさん可愛がって頂けると良いのですけど。

アメブロは.swfファイルをUpする場所が無く、アメブロ外に置かないといけないのが難点ですよね。
私がファイルを置いた場所とアメブロの相性がよくなかったみたいですけど、舞莉亜さまのところでも、一度はルルが姿を現しているし、なぜその後見られなくなったのか結局謎な現象でした・・・

舞莉亜さまのご好意に甘える形で恐縮なのですが、折角ルルが居心地の良い場所を見つけて落ち着いたようですので、暫くはこのままにさせて頂きたいと思います。
どうぞ、宜しくお願い致します。
何かあればすぐにご連絡ください。

重ね重ねとても感謝致しております。


http://ameblo.jp/norun3sisters
2007/02/13(火) 11:27 | URL | ノルン 79D/WHSg
こんにちは。
茶太郎君と遊んでしまいました。ルルちゃんとも!
私は貼り方がよくからないので出来ませんが、ねこちか2もとってもかわいいんですよ~気に入られたらやってみてくださいね。

http://hikosuke.exblog.jp/2093641/


http://ameblo.jp/cm115128641
2007/05/31(木) 14:40 | URL | cm115128641 79D/WHSg
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2007/05/31(木) 15:47 | |
きのうは
おはようございます。張り方説明していただきありがとうございます。swfフャイルをどこかネットにファイルをupするって所で躓いてしましました・・・ヽ(*'0'*)ツでもねこちか2は本当に可愛い・・・。


http://ameblo.jp/cm115128641
2007/06/01(金) 09:43 | URL | cm115128641 79D/WHSg
>猫にこんばんは。さまへ
コメントありがとうございます。

>swfフャイルをどこかネットにファイルをupするって所で躓いてしましました・・・ヽ(*'0'*)ツ

アメーバさんが、画像とかと同じようにswfファイルをUpできるようにしてくれればいいのですけどね・・・。

下記二つの方法があると思います。
①無料レンタルサーバーやブリーフケース等のサービスを使う。
②ご自身でHPを作る。

①に関しては、私が答えられることとしては、ヤフーブリーフケースは駄目、ってことくらいです。他のサービスなら大丈夫なところが多いのでは、と思うのですが、詳しくないです。

②に関しては、例えばご契約のプロバイダでHPのサービスとかしていませんか?
ファイルをUPするためだけなら、HPのコンテンツを作る必要はないので、結構すぐに使えるようになると思います。

もし必要でしたら、また別途、分かる範囲でお力になりたいと思います。

とりあえず、Maukieやねこちか2と遊びたくなった時には、うちのルルやねろと遊んであげてくださいまし。
どうぞ宜しくお願い致します。

でも、猫にこんばんは。さまのところには、リアルの猫さんたちがいらっしゃるから良いですね。
リアルの猫さんたちの写真、ほんと癒されます!!


2007/06/01(金) 17:49 | URL | ノルン 79D/WHSg
こんばんは☆
色々ありがとうございます。プロバイダーのHP今度やってみます。
また分からない事があったらスミマセンが教えてくださいね。本当に詳しい方は尊敬します。
また遊びに来ますね。
3匹の猫ちゃんとも遊びに☆
どうもありがとう☆


http://ameblo.jp/cm115128641
2007/06/03(日) 00:43 | URL | cm115128641 79D/WHSg
>猫にこんばんは。さまへ
コメントありがとうございます。

いえ、私は詳しくはないのです。HPを作ったこともこれまでありませんでした。

そんな私でも、今回やってみたら、案外と簡単にできたので、お力になれるかも、という程度です。
本当に詳しければ、①の方法でも、具体的にどこかお奨めできたりするのでしょうけど・・・すみません。

もちろん、分かる・出来る範囲でお答えいたします。
私の場合、プロバイダの契約時に初めからHPを作れる権利は勝手に(もちろん無料で)付いていました。でもHPの作り方もよく分からなかったし、何もしていませんでした。
猫にこんばんは。さまが同じような状況でしたらお力になれるかと思います。またお知らせください。

それでは、ルル、にゃんコブ、ねろ、共々これからもどうぞ宜しくお願い致します。


2007/06/03(日) 09:09 | URL | ノルン 79D/WHSg
遊びにきました。
ネロちゃんと遊びましたよ~(‐^▽^‐)
今試行錯誤してます。FTPソフトはDLしたんですが、ホスト名とかアドレスとかどうしたら・・・。
プロバイダーのアドレスですよね。
もうちょと頑張ってみますね~( ´艸`)


http://ameblo.jp/cm115128641
2007/06/10(日) 00:21 | URL | cm115128641 79D/WHSg
>猫にこんばんは。さまへ
コメントありがとうございます。
ねろとも遊んでくださって、ありがとうございます。

着実に進んでいらっしゃるようですね。

「ホスト名(アドレス)」ってやつでしょうか。
プロバイダとHPの契約したときに、プロバイダ側から知らせてくると思うのですけど・・・如何でしょうか?
或いは、「FTPサーバー名」なんていう名前かもしれません。

それでは頑張ってください!
また、何かありましたら、お知らせください。


2007/06/10(日) 14:38 | URL | ノルン 79D/WHSg
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://norn3sisters.blog111.fc2.com/tb.php/37-c7b72fc4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
日本で出版されている数少ないブレイクの作品の中では、手に入りやすく値段も手頃です。個人的には、出来るだけ直訳に近いようなあっさりとした訳文に好感が持てました。変に日本的な辻褄あわせをせず、ブレイクの感覚的な言葉を尊重しているところが良いです。この対訳シリ
2007/09/30(日) 11:57:51 | 詩がいいと思う
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。