「心の神経生理学入門―神経伝達物質とホルモン」 ケヴィン・シルバー

「心の神経生理学入門―神経伝達物質とホルモン」 ケヴィン・シルバー に関する記事です。
HOMEスポンサー広告スポンサーサイト

--/--/-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS]

HOME書籍_理系「心の神経生理学入門―神経伝達物質とホルモン」 ケヴィン・シルバー

2006/08/04 Fri

ドーパミン、アドレナリン、セロトニンなどの神経伝達物質に興味があり、
本書が一般人向けに書かれた最初の分かりやすい本、ということなので、
購入しました。
値段も本書は1700円くらいなのでお手頃です。専門書は高いです。
ただし値段相応の内容だったともいえますが・・・。

こういった、人体内の化学物質が人間の心に与える影響から、
人間の精神的働き、例えば幸不幸・善悪・愛などの表出の仕方を
考えてみると面白いのではないかと思っています。



ケヴィン シルバー, Kevin Silber, 苧阪 直行, 苧阪 満里子
心の神経生理学入門―神経伝達物質とホルモン


ヴィジュアルに分かる本棚を作りました!
⇒ノルン3姉妹のお気に入りを陳列する棚


⇒ノルン3姉妹のお気に入りブログ.Neo 目次Topへ戻る
関連記事

[RSS]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://norn3sisters.blog111.fc2.com/tb.php/50-13d5f0b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。