「フロムの遺産」 ダニエル・バーストン

「フロムの遺産」 ダニエル・バーストン に関する記事です。
HOMEスポンサー広告スポンサーサイト

--/--/-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS]

HOME書籍_思想・哲学「フロムの遺産」 ダニエル・バーストン

2006/08/05 Sat

エーリッヒ・フロムErich Fromm )は精神分析学者ですが、
その思想は過去の多くの哲学者の思想を基礎とし、
社会の分析や、人間の普遍的部分への分析へと適用されるゆえ、
思想家・哲学者としての業績も見逃せないものがあります。

直接的には、フロイト、マルクス、スピノザの思想を
認めるところは認め、批判するところは批判し、
独自の思想を形成していきます。

本書「フロムの遺産」は、そうした思想家としてのエーッリッヒ・フロムを、思想史の中に位置づけて捉えたものです。
興味深い1冊です。

エーリッヒ・フロムの著作については、こちらの記事でも紹介しています。
⇒エーリッヒ・フロム 「悪について」の記事を見る。

ダニエル バーストン, Daniel Burston, 佐野 哲郎, 佐野 五郎
フロムの遺産

Daniel Burston

⇒ノルン3姉妹のお気に入りブログ Neo 目次Topへ戻る

関連記事

[RSS]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://norn3sisters.blog111.fc2.com/tb.php/52-3df596e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。