「ハンガリー狂詩曲 全集」 フランツ・リスト

「ハンガリー狂詩曲 全集」 フランツ・リスト に関する記事です。
HOMEスポンサー広告スポンサーサイト

--/--/-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS]

HOME音楽_クラシック「ハンガリー狂詩曲 全集」 フランツ・リスト

2006/08/22 Tue

音楽史上最大のピアニスト、フランツ・リストが自分のアイデンティティをかけて作り上げた情熱のピアノ曲集。

リストは、現在はオーストリアになっている、オーストリアとハンガリーの国境地帯、ライディングに生まれ、
自身はハンガリー語をほとんど話せなかったにも関わらず、「自分はハンガリー人である。」という、
強いアイデンティティを持ち続けたそうです。

ハンガリー人としてのリストの、"母国ハンガリーの曲"とは、少年時代に出会った、ハンガリーにいるジプシーの音楽で、
リストは生涯ジプシーの音楽に惹かれ影響をうけていたようです。

その集大成といえば、この19のハンガリー狂詩曲集
実際にハンガリーに出向いて取材をして作曲しているようです。

後に、多くの研究家や、ハンガリーの国の人たち自身により、ハンガリーの曲=ジプシーの曲ではないと、
リストのこのハンガリー狂詩曲集を非難する風潮もあったようですが、
仮に、歴史上の正しさが"ハンガリー"というタイトルが""ハンガリーのジプシーの"とすべきであったとしても、
いずれにせよ、リストのこのハンガリー狂詩曲集が美しく人の心を打つ事に変わりはないのです。

元々19のピアノ独奏曲として作曲されましたが、その後、そのうちの数曲が管弦楽用に編曲されなおしていたりします。
リストの有名な「ハンガリー幻想曲」は、このハンガリー狂詩曲14番の管弦楽用編曲です。

是非、一度、美しいピアノ独奏による全集で、リストが本来作曲した旋律をお聴きになってください。
私の聞いている、ミシャ・ディヒター版が在庫切れのようなので、最近復刻されたミケーレ・カンパネッラ版も
載せておきます。
⇒ジプシー音楽についての紹介記事はこちらを参照


⇒ノルン3姉妹のお気に入りブログ.Neo 目次Top


ディヒター(ミッシャ), リスト
リスト:ハンガリー狂詩曲


カンパネッラ(ミケーレ), リスト
リスト:ハンガリー狂詩曲全集


↓試聴はこちらのCDで。クラウディオ・アラウなどのピアノですよ。



ヴィジュアルに分かる本棚を作りました!
⇒ノルン3姉妹のお気に入りを陳列する棚


⇒ノルン3姉妹のお気に入りブログ.Neo 目次Topへ戻る



Franz Liszt
The 19 Hungarian Rhapsodies
Les Rhapsodies hongroises
Misha Dichter
Michele Campanella
関連記事

[RSS]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://norn3sisters.blog111.fc2.com/tb.php/61-742dcb21
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。