「セロトニンと神経細胞・脳・薬物」 鈴木 映二

「セロトニンと神経細胞・脳・薬物」 鈴木 映二 に関する記事です。
HOMEスポンサー広告スポンサーサイト

--/--/-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS]

HOME書籍_理系「セロトニンと神経細胞・脳・薬物」 鈴木 映二

2006/10/04 Wed

うつ病やキレる脳などの原因がセロトニンの欠乏だと言われております。
有田秀穂氏のセロトニンに関する数々の本が非常に売れている中で、
この本のAmazonの読者レビューの中に、有田氏を批判し、この本を絶賛しているものがありました。

この本は、セロトニンと、セロトニンに対する治療薬SSRIに関する記述も豊富かつ一般にも分かり易いとのことで、一度読んでおこうと思います。


鈴木 映二
セロトニンと神経細胞・脳・薬物

ヴィジュアルに分かる本棚を作りました!

⇒ノルン3姉妹のお気に入りを陳列する棚



⇒ノルン3姉妹のお気に入りブログ.Neo 目次Topへ戻る





関連記事

[RSS]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://norn3sisters.blog111.fc2.com/tb.php/77-a05e8c0e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。