「図説 日本庭園のみかた」 宮元健次

「図説 日本庭園のみかた」 宮元健次 に関する記事です。
HOMEスポンサー広告スポンサーサイト

--/--/-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS]

HOME芸術_その他「図説 日本庭園のみかた」 宮元健次

2006/12/26 Tue

この記事では、前記事の「古寺社巡りの愉しみ」=寺社建築の見方に続き、
日本庭園の見方に関する本を紹介致します。
これで初詣もより楽しめること請け合いでございます。
⇒前記事「古寺社巡りの愉しみ」はこちら


さて、日本庭園って好きな方は多いと思います。
私は一つだけ挙げろ、と言われれば、京都の龍安寺の石庭が大好きです。
いつも観光客が多いので、その場で本当に寛ぐことは難しいのですけど、
写真を見ているだけでも、何か気持ちが落ち着き、
深淵な思想の中に自分が連れていかれるような心地がします。

・・・単に現実逃避欲求の顕れでもありますが、
実際のところ、素敵な庭というのは、現実を忘れさせてくれると思いませんか?
特に、庭園が好きという方でなくとも、お寺などの庭でそのような
気分になったことがあるのではないかなぁ、と思います。


日本庭園について、単に綺麗だな~、癒されるな~、でももちろん良いのでしょうが、
もうちょっと、知識をつけて、その作庭の意味が分かってくると、
必ずより興味が湧いて鑑賞できると思います。
折角鑑賞料金払って、有名な庭見るなら、もっと池や石などの意味や背景まで知って楽しめた方が良いでしょう??



この本は、まず図が豊富!、そして代表的な庭園の様式について体系的に書かれている!、
興味深いコラムが豊富!ってことで、初心者~中級者まで本当にお奨めな1冊です。
図が豊富ですから、最初は肩肘張らずにパラパラめくって見るだけでも楽しめるところが、
お奨めです。

本の内容は概ね以下のようになっています。

第一章 自然風景式庭園
 ・自然風景式庭園の種類、要素など
 1、浄土式庭園
   平等院、白水阿弥陀堂など11箇所
 2、寝殿造系庭園
   金閣寺、厳島神社など8箇所
 3、書院造系庭園
   銀閣寺、桂離宮など12箇所
第二章 枯山水
 ・枯山水の特徴、要素など
 1、前期式枯山水
   天竜寺、西芳寺(苔寺)など3箇所
 2、後期式枯山水
   南禅寺、龍安寺など7箇所
第三章 露地
 ・露地の要素・変遷など
 1、千家の露地
   表千家、裏千家などの5箇所
 2、織部、遠州の露地
   薮内家、大徳寺の2箇所

非常に体系的に纏まっていますよね!
それぞれの庭の要素、つまり枯山水の庭の石の意味や、自然式庭園の池・滝、島や塀などの解説は図もあるし、丁寧でとても分かり易いです。

それから、コラムがとても充実しているんです。
例えば、龍安寺の作庭者は誰か?とか、夢窓国師についてとか。
なかでもとても驚いたのは、厳島神社に見られる西洋建築の影響の指摘です。
遠近法や建物の配置の幾何学性を指摘し、神社でありながらキリシタン文化の影響を考察していて、とても興味深いです!


体系的で良いと紹介しましたが、読む方は必ずしも体系的に読む必要もないと思います。
図を見ていて興味を持った部分や、
自分がこれから旅行で行く際にその寺の説明を読んだり、
或いは行ったことのある庭の説明を読んで思い出に浸ったり意外な発見を見つけたり・・・


肩肘はらずに読まれることをお奨めします。
日本庭園の奥深さ、少しでも齧った方が絶対旅行なども楽しくなると思います。

⇒ノルン3姉妹のお気に入りブログ.Neo 目次Top



宮元 健次
図説 日本庭園のみかた

同じ著者による姉妹本、「日本建築のみかた」です。こちらもお奨め

宮元 健次
図説 日本建築のみかた


同じ著者による、「すぐわかる 図説 日本の仏像」です。
お奨めです。
東京美術のすぐわかるシリーズは、写真が多く、また全体で100~150ページ程度の
手軽な本なので、入門にとても良いです。


宮元 健次
すぐわかる図説 日本の仏像

⇒ノルン3姉妹のお気に入りブログ.Neo 目次Top

関連記事

[RSS]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://norn3sisters.blog111.fc2.com/tb.php/92-0c16daba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。