書籍_歴史・地理・世界情勢

書籍_歴史・地理・世界情勢 に関する記事です。
HOME≫カテゴリー:書籍_歴史・地理・世界情勢

--/--/-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS]


2006/12/29 Fri

創元社の、「知の再発見双書」シリーズです。

このシリーズは「絵で読む世界文化史」っていうキャッチコピーの通り、
図版が非常に豊富でとても綺麗で見ていて楽しいです。
150ページ程のコンパクトさも好きです。
150ページ程度で図版が豊富なわけですから、文章も少なく読み易いです。

ジプシー。自らをロマと呼び、ロマニー語を話す流浪の民族。

彼らほど、歴史の表舞台には登場しないながら、
現代のヨーロッパ文化に影響を与えている民族はいないでしょう。


世界史の教科書ではほとんど触れられないので、
日本人のジプシーに対する理解は異常に低いですが、
ヨーロッパの文化を理解するためには、
背景にあるジプシーを理解することが絶対必要だと思います。


フラメンコ、チャルダッシュを初めとした各国の代表となるような民族音楽・舞踊も、
また、いかにも純ヨーロッパ的なワルツなどでさえジプシーの影響を受けています。
また、18世紀後半から20世紀初頭までの芸術においても、
オリエント風の絵画では多くのヨーロッパの画家は身近なジプシーをモデルとしましたし、
国民音楽隆盛期のハンガリーのリストやロシアの作曲家達は、
自国独自の音楽をジプシーの音楽のメロディーに見いだしています。


また、21世紀の問題としても、
現在でもヨーロッパには500万とも1000万とも言われるジプシーがいるわけで、
流浪の民である彼らは、行政上の管理が難しく、
いわば難民のような扱いになっている人達も多く、
それが結果的にスリなどの犯罪をする人達が多いのも事実で、
目を離すことのできないものだと思います。


ジプシーの理解への第一歩に、この本は非常に手軽な1冊でお奨めです!

内容は、大きくジプシーの歴史を書いた本編と、
ジプシーの文化・生活を書いた資料編の2部構成、といった感じです。
タイトルにある、「謎」っていうほど謎が解き明かされたものではありません。
寧ろ、読むといかにジプシーがいろいろな面で多様で複雑であるかが分かります。

下記に、目次を記しておきます。
でも、とにかく図版が多くて綺麗なので、まずはパラパラと図版を楽しんでみて下さい!
過去にジプシー音楽のお奨めCDも紹介しているので、そちらもどうぞ。
⇒ジプシー音楽のCD「神技のジプシーバイオリン」の記事
⇒ヨハン・シュトラウス2世「こうもり」の記事
⇒ヨハン・シュトラウス2世「ジプシー男爵」の記事


⇒ノルン3姉妹のお気に入りブログ.Neo 目次Topへ戻る


アンリエット アセオ, Henriette Ass´eo, 遠藤 ゆかり, 芝 健介
ジプシーの謎


第1章 ヨーロッパへの定着
第2章 拡散する「ジプシー共同体」
第3章 定住化政策の失敗
第4章 流浪の再開
第5章 ジプシーとヨーロッパのナショナリズム
資料篇 謎の民族とその文化
1 知識人たち、言語、起源
2 家族の文化
3 はみだした社会
4 伝説と信仰
5 音楽について
6 ナチズムの犠牲者
7 現在のジプシー問題


上記の本は、文章が少ないので、よりジプシーについて理解を深めたい方には、
水谷 驍さんの著作が良いのではないかと思います。

水谷 驍
ジプシー 歴史・社会・文化


イアン ハンコック, Ian Hancock, 水谷 驍
ジプシー差別の歴史と構造―パーリア・シンドローム


デーヴィッド・クローウェ, 水谷 驍
ジプシーの歴史 東欧・ロシアのロマ民族



ヴィジュアルに分かる本棚を作りました!
⇒ノルン3姉妹のお気に入りを陳列する棚


⇒ノルン3姉妹のお気に入りブログ.Neo 目次Topへ戻る


[「ジプシーの謎」 アンリエット・アセオ]の 【続きを読む】

[RSS]


2006/11/10 Fri
これは、アウシュヴィッツや、その他強制収容所を経験した、
ユダヤ人心理学者の記録であり、
原題は「心理学者、強制収容所を経験する」、
といったものらしい。

心理学者の目を通して、強制収容所の社会が語られます。
つまり、
被収容者側がいかに人間的感情を失っていくか、
或いは、どのような精神活動を行なったのか。
収容所内の社会にて、支配する側に立った、ナチス、
及びカポー(被収容者の中から選出された、中間的立場に経つ人達)が、
いかに非人道的行動を取るのか。

著者は1977年に、内容を大幅に改訂しており、これはそれを
新しく日本語に翻訳したものなので、「新版」です。

新訳者によるあとがきで、どのような部分が改訂されたのかが、紹介されています。
著者がなぜ改訂したのか、それを考えることで、改めて著者の思いを感じることが
できるかと思います。

今後も永久に読み継ぎ、そして、繰り返さぬように反省していかねばならない1冊。
(心理学者の本ですが、歴史の記録として歴史のカテゴリに入れました。)


⇒ノルン3姉妹のお気に入りブログ.Neo 目次Topへ戻る


ヴィクトール・E・フランクル, 池田 香代子
夜と霧 新版



ヴィジュアルに分かる本棚を作りました!
⇒ノルン3姉妹のお気に入りを陳列する棚


⇒ノルン3姉妹のお気に入りブログ.Neo 目次Topへ戻る





[RSS]


2006/11/09 Thu

最近、ベストセラーになった、「世界の日本人ジョーク集」の著者、
早坂隆によるジョーク集シリーズの、イスラム社会、というか中東諸国版です。
「世界の日本人ジョーク集」は、本当に面白く、このブログでも取り上げています。
「世界の日本人ジョーク集」の紹介記事


「世界の日本人ジョーク集」では、自分達のことについてのネタのせいか、
とにかく笑える!というジョークが多かったのですが、
この、「ジョークでわかるイスラム社会」は、大笑いする、というこよりは、
あくまで著者が実際に見た、生のイスラム社会、イスラム諸国を紹介する、
ということが中心で、ジョークは著者のエッセイ部分の導入の道具として
使われている感じです。

エッセイ部分は、宗教生活、風土&生活、政治&紛争など、5章に分けて、
イスラム社会を紹介しており、とてもためになりました。

中東諸国・イスラム国家に対する日本人の意識はとても低く、また、
「危険」「テロ」といったネガティブなイメージが多いと思いますが、
その異文化に対する「無知と偏見」は非常に危険なことだと思います。

イスラム諸国の人達も多くは、過激なテロなど支持していないこと、
実際のスリや殺人といった犯罪の多さや危険度でいえば、先進国と言われる
アメリカや西欧の方がよほど高いことなども知るべきです。

このジョーク集をとっかかりに、もっとイスラム文化や中東諸国を理解していけたら
良いと思います。
私もこの著者のようにいろいろな国を自分の足で歩いて周りたいなぁ、と心から思います。

この著者の他のジョーク集として私が読んだのは、
世界反米ジョーク集
世界の紛争地ジョーク集
です。どれも、ジョーク集を導入として、著者の真面目なルポが語られています。
真面目なルポだけだと、とっつきにくかったりするものもあるかと思いますが、
ジョークを導入に使うことで、とりかかり易く、また、印象的にもなっています。
どの本も面白くあっという間に読めてしまいます。

ちょっとした会話のネタにも使えるし、国際問題のニュースも新たな興味を持って
見つめることが出来ると思います。

是非、多くの日本人に読んでもらいたいと思います。



⇒ノルン3姉妹のお気に入りブログ.Neo 目次Topへ戻る


早坂 隆
ジョークでわかるイスラム社会


「世界のイスラムジョーク集」というタイトルが中公文庫から出ています。
早坂 隆
世界のイスラムジョーク集


早坂 隆
世界反米ジョーク集


早坂 隆
世界の紛争地ジョーク集


早坂 隆
世界の日本人ジョーク集



ヴィジュアルに分かる本棚を作りました!
⇒ノルン3姉妹のお気に入りを陳列する棚


⇒ノルン3姉妹のお気に入りブログ.Neo 目次Topへ戻る



[「ジョークでわかるイスラム社会」 早坂隆]の 【続きを読む】

[RSS]


2006/10/06 Fri
この本は非常に素晴らしい。

著者がこの本を執筆したのは、1994年であり、既に10年以上も前の記録になってしまっているが、
この頃は、共産主義世界が崩壊して数年が経過し、各国の「これから」への課題が浮き彫りになりつつあった時代である。
この本は、「東欧」と言われる、旧共産圏のほぼ全ての国について、この各国の特性と、それまでの経済の様子、
94年当時の変化の状況、そして今後への洞察を行なっている。

10年経過した今だからこそ、改めてこの本の素晴らしさが評価できる、と言えるかもしれない。
94年当時に既にこんな著作が世に出ていたとは!!

この本の素晴らしさは、大きく言えば3点に集約される。
①東欧諸国全体という、対象範囲の広範さ、全体的視点。
②情報の正確さ、分析の鋭さ、同時に著者自身の生の目によるルポ。
③新書で200ページというボリュームのバランス

①については、なかなか東欧諸国全体を広く分析した本というのは少ないのではないだろうか。
もちろん、それぞれ一国についての研究書は多くある。
広く扱っている本でもせいぜい、「連帯」のポーランド、「プラハの春」のチェコ、音楽の都としてウィーンが日本人に人気のオーストリア、ブタペストのあるハンガリーくらいまでだろう。
然しながら、ルーマニアからバルカン諸国、或いはバルト三国、ウクライナくらまでは、歴史的にも一つのヨーロッパとして全体の流れを捉える必要があるはずである。
逆に各国の独自性も各国の足並み、利害対立などの関係を見、比較することで、より鮮明に見えてくる。

②については、素晴らしい本としては当たり前であるから、敢えてここで深くは書かないが、
10年経った今、その内容が実に正確で素晴らしいものであったかが分かる。
結果として、この本は、10年経った今でも、最新の分析としては使えないが、歴史の記録として色褪せずに読むことができるのである。
尚、著者は単なる大学教授ではなく、JETROで実際にビジネス経験があり、ソ連・東欧主任研究員にもなった。

③広範囲を対象に、最も複雑な時代の状況を記述しているにも関わらず、新書で200ページである。
このボリュームのバランス感覚も素晴らしい。結果、東欧経済についての手軽な知識の入門書としてこれ以上の本は無いといえるくらいの良書だと思う。

この著者は非常に信頼出来ると思い、この著者が同様の東欧全体の内容で、その後の東欧、最新版の分析の著作を出版してくれないものかと、多少著者について調べたところ、惜しいかな、既に他界されているそうである。
勿体無い。実に残念。残念。

小川 和男
東欧 再生への模索


⇒ノルン3姉妹のお気に入りブログ Neo 目次Topへ戻る






[RSS]


2006/10/01 Sun

2001年時点での、世界遺産全て、全690(文化遺産529、自然遺産138、複合遺産23)の世界遺産を収録。
大判で綺麗な写真が特徴です。

世界遺産には、皆それぞれ、人類共通の宝物、とされるだけの理由があります。
人類共通の宝ですから、我々は人類として、それら宝物の本来の価値を知り、
それらの意義を確認していくことが大切です。
その意義の確認をすることで、それぞれの世界遺産は、我々に、これからの未来への
我々の取るべき行動を啓示している部分があります。

世界遺産の数自体は毎年増えていくものですが、これら690は、早い段階で、人類共通の宝物としての
意義を世界の人々が共通で確認しあえたものばかりなわけですから、まずは、この690について、
我々に啓示しているもの、そして自分達がこれから具体的にどのような行動を選択していくのか、
深く考えてみては如何でしょうか。


Natascha Albus, 那須 忍, クント社
世界遺産―ユネスコ登録690遺産すべて収録

⇒ノルン3姉妹のお気に入りブログ Neo 目次Topへ戻る






[RSS]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。